LINEで送る
Pocket

最近、だいきち所有の機材ラインナップの中で存在感を増しているのが、PENTAX MX と 50mm f1.2 の組み合わせだ。

 

ネガカラーも良し(PENTAX MX と 50mm f1.2)、モノクロも良し(フィルムと旅する和歌山編5)、ということで、今回は夜のモノクロはどうか試してみることにした。

 

フィルムはT-MAX400 を使ってISO1600相当で撮影し、現像時に2段増感現像した。

 

D76(stock)で 20℃  9分15秒 。

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

会社からの帰り道、ISO1600 で開放f1.2 で撮影。

 

暗くても撮れるし、なかなか情感あふれる雰囲気だ。

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

ちょっと粒状感はあるけど、増感している割には気になるほどでもないかな。

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

このカットはトーンが滑らかで、解像感も高いし、増感したとは思えない。

 

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

最近はKodak からT-MAX3200が復刻されたけど、果たしてどうなんだろう。

海外の作例を見ると、ISO400のフィルムを増感した方が滑らかな気もする。T-MAX3200は値段も高いし。

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

現像時にフィルムをリールに巻くときに失敗したので、巻き直そうとリールを分解したときにフィルムを折って跡を付けてしまった(右側の白い線2本)。

 

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

夕方、f2.8 でどれくらい被写体が浮き上がるか試してみる。

 

いろいろと楽しめるレンズだ。

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

昼間はどうかなと。

 

確かf8くらい、メダカの動きが速いので、1/1000を使ってみた。

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

外のピーカンだと、f22で1/1000 となってしまう。回折現象の小絞りボケが出ていると思うけど、正直よくわからない。

まぁ本来は当然そこまで絞らないほうがいいのだけど。

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

田んぼの水入れが終わり、代かきをしていた。のどかだなぁ。

 

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2  Kodak T-MAX400(EI1600)

 

 

というわけで、PENTAX MX と50mm f1.2 、 T-MAX400(EI1600)の組み合わせを見てきた。

 

夜はフィルムでは撮りにくい、というのは確かだけど、決して無理というわけでもない。

暗いところは暗く撮れればいいわけで、その意味では、モノクロは ISO400 と明るいレンズがあれば十分楽しめるかなという気がしている(ただし昼間は撮りにくいですね)。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です