LINEで送る
Pocket

 

 

 

前回(PENTAXの大口径レンズを味わう)の続きで、今回はSMC PENTAX-M 50mm f1.7 をピックアップしたい。

 

このレンズは昔、PENTAX MV-1 とセットで2000円くらいで購入したものだが、軽くてよく写るので、手軽に持ち歩くにはいいレンズだと思う。

 

暗にシーンでは f1.2 の方がいいかな、と思うのだけど、 f1.7 では撮れない、というわけでもない。

 

 

今回は、SMC 50mm f1.2 と同様に Lomography800 を使って、なんとなく描写の違いなんかを見てみたい。

 

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

神保町の喫茶店、ミロンガの路地。

 

開放だったと思うけど、カチッとしたリアルな印象。手前のボケは、やや硬いか。

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

四谷荒木町にやって来た。ここもすべて開放。

 

荒木町は、ダイキチが東京で好きな街・ベスト3に入る街だ。

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

f1.2 と比べると、こちらの方がボケも大きくなく、良くも悪くもリアルな感じ。

 

逆に言えば、f1.2 の妖しさ、艶かしさはない。

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

手前の看板とか、もっとふわ〜っとしたイメージで撮ったんだけど。でもまぁ確かにこんな感じではあったかなと。

 

今回は、手前のボケ方が見たかったので、ピントは真ん中から奥目にしている写真が多い。

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

こういう路地が、なんともいい雰囲気なんですよ。

 

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

「スナック ダイヤ」の路地もいつも撮ってしまう。

 

背中を幻想的に撮ってみたつもりだけど、ちょっとイメージと違う。けどまぁいいか。

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

手前の陰影、特にコーンのあたりが、かっこよかったので。

 

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

この街は飲み屋が多いんだけど、騒がしくなく、落ち着いた雰囲気が心地よい。

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

夜の白金台。

 

お店の蛍光灯の緑かぶりが強かったけど、カブの質感はリアリティがあるなと。

 

白金台から白金高輪のあたりは、昔ながらのお店も点在しているので、意外と下町っぽさが残っていて好きなエリアだ。

 

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

まだ銀杏が残っていた。

 

 

 

PENTAX MX SMC PENTAX-M 50mm f1.7 Lomography800

 

最後に f1.2 と同じ場所で撮ってみた。こちらが f1.7。

 

 

 

PENTAX MX SMC 50mm f1.2 Lomography800

 

こちらが f1.2。

 

どちらが良いとかではないけど、被写界深度、前ボケ、後ボケ、光の滲み方、描写の硬軟など、だいぶ違いがある。

 

いや、値段を考えると10倍以上違うわけで、圧倒的な違いがないと困るわけだが(汗)。

 

 

けどまぁ、f1.2 の描写は唯一無二だし、f1.7 は軽いし、よく写るので、状況に応じて使い分けていきたい。

 

 

おしまい。

 

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です