LINEで送る
Pocket

Helios 44-2 は、M42マウントが多いけど、ダイキチが使っているのは、NIKON Fマウントに改造されているもの。

 

マウントアダプターを介してデジタルカメラで使っている人から見れば、だから何だ、といったところだろうけど、フィルムカメラ的には、Heliosをニコンのフィルムカメラで使えるというのは、大正義なのです(ニコンのデジタルカメラにそのまま装着することも可能)。

 

 

🔺装着したところ。ニコンの操作性とロシアンレンズの描写、というコラボ

 

年末年始はこの組み合わせで数本撮っていた。

とりあえず今回は、Fujifilm の C200 との組み合わせ。

 

最近よく、「現像はどこに出しているのですか」と聞かれるのだけど、昔は、色々と有名なところに出したりしていたけど、ここというこだわりはなく、有名なお店のそばに行く用事があるときはそこに出すし(戸越銀座のフォトカノン、学芸大学のモノグラムなど)、本数が多いときは安いネットのお店に出したりもする。

 

ちなみに今回は、近所のパレットプラザに出して、現像+CDデータ(自動補正)で1200円くらいだった。

受付のお姉さんが、「素敵な写真ばかりですね」と言ってくれたので、しばらくこのお店を使おうと思う。へへへ。

 

で、その画像データをそのまま使用している。

 

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

まぁヘリオスと言えば、周辺をグルグルさせたり、玉ボケを出したいところ。

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

また、発色が少し濁るというのか、スコンと抜けない感じも多い。けど、それがイイ。

 

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

オーバー目に撮れば、ふんわり優しい発色。

 

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

同じ場所。上は午前中でこちらは16時くらい。

 

午前中にオーバーで撮りすぎたと思ったので、カメラの指示通りの露出で撮影。

 

色は濃いけど、周辺光量落ちとあいまって妖しい写り。

 

撮り方でこれだけ変わるんだなと。

 

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

このちょっとアンダー目の沈んだ写りが渋いなと。

 

ふわふわ、グルグルだけがヘリオスではないなと。

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

なので、その時代がよく写る気がして、スナップにも向いているなと重宝している。

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

ちょい逆光で。

 

逆光で撮ると、ゴーストが盛大に出るんだけど、意外と破綻はしない。

なので、逆光もおそれずに、どアンダーにだけ気をつけて撮れば、どうとでも絵になる懐の広さがある。

 

 

 

NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Fujifilm C200

 

というわけで、今回はHelios44-2とC200 を組み合わせてみた。

 

C200 は中庸で使いやすく、自己主張が少ない分、レンズの特徴がよく出ると思う。

 

では逆に、クセが強いフィルムとHelios を組み合わせたらどうなるかなぁ、と思って次のフィルムを装填してみた(以下、次号)。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です