LEICA M10-P

LEICA M10-P を買う

LINEで送る
Pocket

 

 

GFX100S を購入して約1年。

 

ラージフォーマットにしてはコンパクトなボディサイズ、GF45-100mm レンズの高精細さ、フジフイルムのフィルムシミュレーションの色の良さ、と家族の記録やポートレート、旅先の風景を撮るにはすばらしいシステムだと思う。

 

 

しかし、この春、子どもたちの節目のイベントも終わったため、GFX100S の出番も急激に少なくなってきた。

 

 

なんの不満もないけど、買い替えるなら今だな。

 

これからは家族旅行よりも一人旅が増えることを考えると、なるべくコンパクトなシステムにしたい。

 

GFX100SやGF45-100mm,GF30mm レンズを下取りに出して変えるコンパクトなシステムというと……、やはりライカMシステムだろう。

 

 

ここ1、2年、ライカとは、ちょっと距離を置きたい気分だったので、LEICA M-E や LEICA M6、Summicron 50mm f2、Summilux35mm f1.4、Summarex 85mm f1.5 、Elmarit 28mm f2.8 、Summarit 50mm f1.5 などは売却して、LEICA Q2 に一本化していたけど、心機一転、もう一度、M型ライカを買ってみようかな。 

 

 

 

現行だとM11 になるけど、入荷まで時間がかかりそうだし、LEICA M10-P の佇まいのかっこよさに惹かれて、M10-Pを買うことにした。

 

レンズは、以前から気になっていた NOKTON 50mm f1.2 にしてみた。

 

 

 

 

やっぱかっこいいな……。

手に持った感触は、金属の冷たさとずっしりとした重さを感じる。

 

けど、M-E と比べると重さも厚みもコンパクトになって、LEICA M6 の感触に近い。

 

 

 

 

 

 

 

LEICA Q2 と並べてみる。

 

 

Q2にはグリップを付けていることもあるけど、Q2は意外とデカい(笑)。

 

 

 

 

 

 

NOKTON 50mm F1.2 を付けてみる。

 

ちょっと大きいけど、まぁ大口径レンズだし、持ち運びが苦になる重さではないかな。

 

 

 

 

 

今度はアンジェニュー 35mm f2.5(R1)を付けてみる。

 

重くはないけど、レトロフォーカスなので長いのが難点。

 

もう少しコンパクトなレンズもほしいな……(贅沢)。

 

 

とりあえず、NOKTON 50mm f1.2 を付けて試し撮りを行う。

 

 

 

 

LEICA M10-P Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical

 

 

 

 

LEICA M10-P Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical

 

 

 

 

 

LEICA M10-P Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical

 

 

 

 

 

LEICA M10-P Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical

 

 

 

 

 

LEICA M10-P Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical

 

 

 

 

 

LEICA M10-P Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical

 

 

 

すべて開放なんだけど、よく写るなぁという印象。

 

 

もうちょっと遊び心があってもいいかな、という気もするけど(贅沢)、とりあえず1本目のレンズとしては文句はないし、純粋にいいレンズだと思う。

 

 

M10-P は、シャッターフィーリングがとても良く、撮っていて楽しい。

 

 

久しぶりに「撮る気にさせるカメラ」に出会えた気分だ。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。