LEICA M10-PNOKTON 50mm f1.2

LEICA M10-P と 京都をぶらつく NOKTON 50mm f1.2編

LINEで送る
Pocket

 

 

 前回(LEICA M10-P と京都をぶらつく アンジェニュー編)に引き続き,京都をぶらつく.

 

一度,ホテルに戻って休憩した後,日が暮れてきたので,レンズをNOKTON 50mm f1.2 Aspherical に変更して再び街に繰り出す.

 

 

 

NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

このレンズは、約350g とレンジファインダーのレンズとしては少し重い気もするけど、F1.2 という大口径としては無難なところか。

 

NOKTONの50mmには,f1.1,vintage line のf1.5,そして最近出たf1 があるけど,f1.2はボケと解像度のバランスがよかったので,M10-Pと同時に購入した.

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

夕暮れ時の鴨川.

 

日中は暑かったけど,鴨川を吹き抜ける風が心地よかった.

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

ボケはやわらかいけど,合焦点はなかなか鋭い.

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

先斗町に移動して夕飯のお店を探す.

 

これも開放なんだけど、よく写っているなと.

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

 

妖しい建物の間を探索する.

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

ボディの特徴かもしれないけど,発色はナチュラルで好ましい.

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

モノクロモードにしてみる.

 

良くも悪くも,現代的な写りだなと.

 

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

 

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  NOKTON 50mm f1.2 Aspherical

 

 

 

先斗町のこじゃれた居酒屋で夕飯を食べ,ふらふらと写真を撮りながらホテルに戻る.

 

M10-P は,ISO3200くらいでも全然問題なく,もっと上げられそうなんだけど,このNOKTON との組み合わせなら,かなり暗い撮影散歩でも問題なさそうだ.

 

 

このレンズは非常に性能は高く,1本はこういうレンズを持っておきたい.

もう少し軟調で個性的なボケを求める人には,HELIAR classic 50mm F1.5 の方を勧めたい。

 

 

 

 

(おわり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。