LEICA M10-PP. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

LEICA M10-P と 京都をぶらつく アンジェニュー編

LINEで送る
Pocket

 

 

 LEICA M10-P と NOKTON 50mm f1.2を購入後,ちょうど京都への出張が入った.

 

京都の路地裏を散策しながら,試し撮りをしたい.

 

また,以前から持っていた Angenieux 35mm f2.5 (R1) で京都を撮ってみるのもいいかも.

 

 

LEICA M10-P のほかに,仕事で使うX-Pro2,DJI Pocket2 を持っていく.

 

 

 

 

 この日の京都は暑く,さらに観光客も増えていたので鴨川,四条大橋周辺は大勢の人であふれかえっていた.

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

 

 

 昼間はAngenieuxで撮ってみる.すべて開放でjpeg撮って出し.

 

発色は渋めで、この空気感がフランス製レンズっぽい。

FOCAにも相通ずるものがあるなと

FOCAで味わうフランス製レンズ

FOCA OPLAREX 50mm f1.9 の魅惑の写りを堪能する).

 

このレンズ,だいぶ昔に大阪のマツバラ光機さんで距離計連動Lマウント改造済を購入したもの.

 

使っているうちに,中玉のクモリが悪化してヌケが悪くなったので,山崎光学さんに相談したところ,クモリ除去と研磨を行えば当初の写りに戻りますよ,と言われたのでお願いした.

 

山崎磨きのズマール(山崎ズマール)は有名だけど,「山崎アンジェニュー」は珍しいんじゃないかな.

 

その後,LEICA M-E で使っていたけど,どうも光学系は改善しているんだけど,「ピントが合っているのかなぁ」,という感じでポヤポヤしていたし,イモネジが外れたようで鏡胴がパコパコするようになってしまい(動画参照),テンションが下がっていた.

 

 

鏡胴がパコパコ

 

 

このパコパコは,ピントや絞り調整にはまったく影響しないところなので,イヤだなぁと思いつつも性能には関係がない.

 

 

いま思うとピントのあまさは,レンズが原因というよりは,LEICA M-E の二重像は若干合わせるのが難しく,また背面液晶の解像度も低いので,その場でのピント確認が難しかったのが原因かなと思う.

 

 

 

そんなこんなで,M10-P の購入を機に,ライブビューも併用してちゃんとした写り,性能を見てみたいと思っていたのだ.

 

 

まずは,四条通を歩きながら,八坂神社を目指す.

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

 

なんか思いのほか,ちゃんと写っていて驚く.

距離計でピントも合っている感じ.

念のため,ライブビューでもピントを合わせてみるけど,距離計と一致しているようだ.

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

祇園の北側にある巽橋からの景観.

 

緑の発色とハイライトのフレアがいい感じ.

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

祇園の街並みを散策する.

 

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

 

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

祇園を後にして,先斗町へ.

 

暗い路地の合間に光が差し込む.

 

フレアがすごそう,と思ったけど,ちゃんと写っている.

 

再コーティングしているので,以前よりも光に強いようだ.

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

日陰だと,開放からしっかりと写る.

 

 

 

LEICA M10-P  Angenieux 35mm f2.5 (R1) 

 

 

これは京都ではないんだけど,モノクロだとまたよく写るんだよね.

 

ボディがレンズの良さを引き出してくれるのかな.

 

 

 

 

帰りは,カフェに寄ったり,お土産を買ったりしながらホテルへ戻った.

 

暗くなったら,今度はNOKTON 50mm f1.2 で撮ってみよう.

 

 

(続く……)

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。