LINEで送る
Pocket

旭川で1泊し、翌日は美瑛に向かうことにした。

移動は前夜に名寄市に行くために(X-Pro2 で北海道の星と夜)旭川駅前で借りたヴィッツで、旭川空港で返却する予定だ。

24時間で保険代込みで約8000円、これにガソリン代が2000円くらいかかった。

やっぱ北海道はポジだろ、とフィルムはPROVIA 100F を使用した。

以前からお願いしているネットで見つけたお店で現像とデータ化をしてもらった。

装備は、LEICA M6 にSummicron 50mm F2。

デジタルは、X-Pro2、10-24mm F4、18-55mm F2.8-4、55-200mm F3.5-4.8 というラインナップだ。

 

DSCF5950-2

やはりライトボックスで眺めるポジは美しい。これがデータ化すると、ちょっといまいちなんだよね。

 

09570003-2
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) RDPⅢ

旭川から30分くらいで美瑛エリアの入り口に着いた。

富良野線の西聖和駅。

 

09570004-2
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) RDPⅢ

このあたりから、パッチワークの路へ向かう。

 

09570008-2
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) RDPⅢ

空が広くて気持ちいい。

パッチワークの路から、セブンスターの木、ケンとメリーの木、北西の丘展望公園を回った。

 

09570014-2
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) RDPⅢ

 

09570018-2
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) RDPⅢ

赤い屋根のある丘。前田真三の写真にもよく登場するモチーフだ。

 

 

09570024-2
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) RDPⅢ

前田真三の写真ギャラリー・拓真館内にある小路。

拓真館には、20年ぶりに来た。

 

DSCF4723-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS (ベルビアモード)

 

 

09570028-2
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) RDPⅢ

白金青い池。

平日にもかかわらず、観光客が大勢いた。

 

 

DSCF5013-2
FUJIFILM X-Pro2  XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS (ベルビアモード)

遊歩道になっており、池に沿って散歩を楽しむことができる。

その通路から撮影するのだが、木が多いので、標準~中望遠くらいのレンズの方が撮りやすそうだ。

 

 

09570036-2
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) RDPⅢ

青い池から20分ほどで、十勝岳望岳台に到着。

十勝岳を間近に望むことができる。

 

 

DSCF5082-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS (ベルビアモード)

ここで星を撮ってもきれいだろうなぁ。

十勝岳望岳台から山道を抜け、富良野へ向かい、ファーム富田など有名どころを回った。

 

 

DSCF5105
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS (アクロスモード)

四季彩の丘。

 

 

DSCF5249
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS (アクロスモード)

パッチワークの路に戻り、夕焼けを撮影。

フライトの時間が迫る。

 

 

DSCF5301-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS (ベルビアモード)

 

旭川空港へ向かう途中、夕焼に染まる水田に出会った。

もう少し粘りたかったけど、最後にすばらしい景色を見ることができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です