LINEで送る
Pocket

FED-5は、旧ソ連で製作されていたレンジファインダーカメラだ。

 

DSCF3254

 

レンズはIndustar61 L/D  55mm f2.8。テッサータイプで、小型軽量だけど、なかなかキレのある描写を見せる。

このボディとレンズセットで1万円以下だったけど、よく写るし、気兼ねなく使えるのでスナップに最適だ。

また、ゴツゴツとした洗練されていない感じが逆に実直な奴に見えて、むしろ愛着が湧いてくる。

またセレン光式の露出計が内蔵されている。

 

指針部の数字を読み取り、左側のダイヤルで数字を合わせると、シャッタースピード、絞りの組み合わせが示される。

最初わからなかったのが、ダイヤル内に記された 「ГОСТ」 の文字。

 

実はこれ、ソ連時代のISO感度の規格だそう。ASAがアメリカ、DINがドイツ、みたいなもんですね。

ちなみに、「ГОСТ 250」 が 「ISO320」に相当するようだ。わかりにくい…。

 

 

これまではネガカラーが多かったので、今回はモノクロを使ってみることにした。

 

img881
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

暗かったので確か開放だったと思うけど、ピントの鋭さを感じる。

フィルムはKentmere400。B&Hで4ドル以下と安い。昔ながらのクラシカルな感じで悪くない。

D76(1:1) 20℃ 14分で現像している。

 

 

img882
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

雨上がり、ボケの妖しい感じもいいなぁと。

 

 

img883
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

 

img887
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

結構驚いたのがこのカット。

何の気なしに植物を撮ったら、描写が細かく、明度の移行もメリハリがある。

 

 

img873
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

今回はセレン光式の露出計を信用して露出を決めたが、概ね問題ないようだ。

 

 

img875
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

 

img871
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

この日は曳舟、向島あたりをぶらついた。

 

img868
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

 

img877
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

 

img878
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

現像の時にフィルムを曲げてしまい、中心に白い跡が残ってしまった。

 

 

img880
FED-5 Industar61 L/D  55mm f2.8  Kentmere400

 

というわけで、FED-5 を見てきたが、基本的に旧ソ連製のレンズは値段は安く性能は高い、のだけど、最近は性能の高さは多くの人の知るところであり、多少相場が高くなっている気もする。

それでもHelios、Jupiter、Industar といったところは、基本性能の高さと開放のクセのギャップがおもしろいので、色々試してみたいところだ。

 

おしまい。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です