LINEで送る
Pocket

やっと仕事が一段落したので、午後休を取ってぶらつくことにした。

レンズはHelios44-2 58mm f2 、そしてフィルムはCinestiii50D をセレクト。

Helios は開放付近の妖しいボケと浮遊感が楽しめるが、これに透明感のあるCinestill50Dを組み合わせるとどうなるか。春っぽい写真が撮れる予感がする。

 

 

26010012
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

というわけでやって来たのが、小石川植物園。

ここは桜の種類が豊富なので、長い時期、桜が楽しめるのだ。

平日ということもあり、広々とした園内でのんびりと散策を楽しむことができた。

 

 

26010015
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

桜の花びらが舞い散るところを開放で狙う。

背景が異世界のようだ。

 

 

26010020
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

確かf4くらいに絞って撮影。

少し絞るだけで、しっかりとした描写に変わる。

 

 

26010009
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

逆光でゴーストを出す。

このレンズはゴーストの形や色合いもきれいなんだよね。

 

 

26010021
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

最短50センチ付近で寄って撮ってもおもしろい。

 

 

26010027

26010028-2
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

珍しくF3 で巻き上げ不良があった。この2コマだけだけど。

まぁ組み写真ということで。

 

 

26010024
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

 

 

26010029
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

柱と背景が、まるで合成写真のようだ。

 

 

26010031
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

一緒に持っていったMinoltacord。

 

 

26010038
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

背景をグルグルさせる。

 

 

26010034
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

花びらのピンクと緑の調和が目にやさしい。

前ボケと後ボケも、なんとも不思議な描写だ。

 

 

26010036
NIKON F3 Helios44-2 58mm f2 Cinestill50D

HeliosとCinestillの組み合わせ、ミスマッチにも思えたが、自分の予想を超える描写を楽しむことができた。

この意外性もフィルムの楽しみの一つだろう。

 

 

DSCF5276
▲本日の機材。

M42マウント用のHelios がニコンマウントに改造されているものを購入した。

 

おしまい。

 

 

 

なんかC200も高くなっちゃいましたね…。3年前は10本で2800円くらいでしたが。

それでもアクロスのように廃番にならないだけましなのかな。

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です