LINEで送る
Pocket

昨日はNHK BS プレミアムで『写真家 荒木経惟 77歳の切実』が放送されていたけど、アラーキーはPENTAX MZ-S を使ってましたね。

標準のズームを使ってバシャバシャ撮っていたけど、スタジオのシーンではPENTAX 67だったし、以前はLX を使っているシーンもよく見たし、アラーキーのPENTAX率は高いな。

個人的には、尊敬する編集者の一人、末井 昭さんが出ていたので嬉しかったですね。

アラーキーと末井さんの「写真時代」(白夜書房)を見て、本を作る仕事は変わっていておもしろいなと思ったので、久しぶりにその二人を見て、編集者という仕事を意識した10代の頃を思い出して感慨深いものがありました。

そのあたりの時代については、飯沢耕太郎さんがまとめた「写真時代の時代!」という本が名著だ。

 

DSCF5029

と、前置きが長くなったが、先日、PENTAX Z-20P と FA 35mm f2 を買ったのだが(オートフォーカスの一眼レフフィルムカメラもいいんじゃないか、という話)、その操作性や写りが非常によかったこともあり、機械式シャッターのPENTAX MX と 大口径レンズのSMC PENTAX 50mm f1.2 を購入したのだ。

 

 

MX は軽量、コンパクト。LR44(SR44)で動く露出計は信用できる。

最初、ファインダーを覗いて驚いたのが倍率の高さだ。

ファインダーの倍率が高いので、像が大きく見える。

「ボディはこんなに小さいのに、よく見えるなぁ」というのが第一印象だ。

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 Cinestill50d

低感度のシネフィルムを使って、昼間でも開放付近を多用してみた。

像の浮き立つ感じと、奥行きが感じられる。

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 Cinestill50d

逆光はどうかと試して見たが、さすがSMC(Super Multi Coated) 、非常に強そうだ。

 

 

PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 Cinestill50d

 

 

 


PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 Cinestill50d

 

 

 


PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 LOMO400

f1.2の大口径レンズが欲しいなと思ってニコンやオリンパスと迷ったけど、ボケが柔らかく素直な感じがしたのでこのレンズにした。

 

 


PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 LOMO800

そして、夜は高感度フィルムと組み合わせることで、相当暗くても撮れる。

 

 

 


PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 LOMO800

1/15 くらいだったが、開放の遠景でもなかなかよく写っている。

 

 


PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 LOMO800

f1.4 も f1.2 もそんなに変わらないだろ、と思っていたけど、ギリギリの明るさだと半段の差が意外と大きい。

 

 

 


PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 LOMO800

 

というわけで、MX と 50mm f1.2 について見てきたが、ボディに関しては軽量・コンパクトながらファインダーが見やすく、さらにファインダー内の露出計を見ながらシャッターダイヤルの操作もしやすいので使いやすいカメラだ。

 

f1.2 との組み合わせでもピントの山がわかりやすく、開放でもピントが合っているのを見て嬉しかった(というのも、最近、NIKON FM10 に 50mm f1.4 を使った時、開放でピントを外していることが多く、ちょっと凹んでいたので…)。

 

また、MX に付いてきた SMC PENTAX-M 50mm f1.7 というレンズも、使ってみたらこれが結構いいレンズで驚いた。ちょっと広角や中望遠も攻めないといけないな、PENTAXもなかなか奥が深いな、と認識を改めているところだ。

 

 

おしまい。

 

2 のコメント

  1. どもども、だいきちボンバー殿。
    SMCペンタックス50mmF1.2とは羨ましいですね。
    拙僧は一時期Aiニッコール50mmF1.2をお借りしていたことがあります。
    祭りや街スナップに使ったのですが、ポートレイト撮影に使いたかったですね。
    拙僧は殆ど絞り込んでしか使わないのですが、意図的に開放にした時にはしっかりした結像と固いボケが印象的でした。
    ペンタックスMXは3台持っていたのですが金策で1台は売ってしまいました。今でも2台あるはずですが、1台は見当たりませんね。今は一眼レフカメラなんて売っても大した金額にならないのでとって置こうと思います。Kマウントレンズが少ないので稼働率が低いのですが。それに、実際に使うには拙僧にはちょっと小さいんですよね。部屋で弄っている分には最高なのですが。なのでペンタックスKMを出してしまいます。
    BSではないのですが、アラーキーさんがMZ-Sを使っているのを見てびっくりしました。
    なんたってMZシリーズは壊れるカメラですから。
    MZ-Sは違うのかなあ。

    Rikkie
  2. Rikkieさん、どうもです。
    「いつかはf1.2!」と思っていましたが、熟考の末、ペンタックスにしました。ボケが素直なのでポートレートによさそうですね。
    ペンタックスはあまり使う機会がなかったのですが、レンズがいいので開拓していきたいところです。ボディの信頼性はまだ語るほどの経験はありませんが、MXはコンパクトボディにいろいろうまく配置してますね。巻き上げのチープ感と安定性を考えると、いつかはLXも使ってみたいところです。
    MZ系になるとさらに怪しいですね。アラーキーもBSでMZ-Sについて調子が悪いと言っていました。MZーSもいいなぁと思っていましたが、あの値段で信頼性が低いとなるとちょっと手を出せないですね

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です