LINEで送る
Pocket

冬は暗くなるのが早いので、LOMO800を入れておくことが多い。

そのカメラで昼に撮ることもあるわけだけど、LOMO800は昼間使ってもなかなか味があるので、非常に使い勝手がいいフィルムだ。

ヨドバシカメラだと、3本で税込1580円(ポイント10%)なので、実質1本500円以下で買える。

(注:2018年4月に3本1980円に値上げ)

ちなみにLOMO400は、ヨドバシカメラで3本で税込1380円(ポイント10%)なので、1本約410円で買えるのはありがたい。

(注:2018年4月に3本1780円に値上げ)

 

 


LEICA M6  Summarex 85mm f1.5  LOMO800

仕事で葉山へ行ったときに、北鎌倉の浄智寺、東慶寺に立ち寄った。

紅葉のピークは過ぎていたけど、その分、人も少なめで静寂な雰囲気がよかったな。

 

 


LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd)  LOMO800

暗い室内がギリギリ写る露出で。

エルマリートは実直な写りだなと。

 

 


LEICA M6 Summarit 50mm f1.5  LOMO800

もちろん夜もいける。

明るいレンズと組み合わせれば、かなり暗くても、それなりに写るのはありがたい。

 

 


LEICA M6 Summarit 50mm f1.5  LOMO800

 

 


LEICA M6 Summarit 50mm f1.5  LOMO800

まぁ本当はナチュラ1600の方がいいんだけど、ちょっと高いし、しかも2018年3月に出荷終了が正式にアナウンスされたので、高感度は LOMO800か、 SUPERIA Venus 800か、特殊だけどCinestill 800か。

しかしナチュラ1600をディスコンにするのは、プレスト400に続いて疑問だな。

 

 


LEICA M6 Summarit 50mm f1.5  LOMO800

 

 

 


LEICA M6 Summarit 50mm f1.5  LOMO800

 

 

 


LEICA M6 Summarit 50mm f1.5  LOMO800

 

 

 


KLASSE W  SUPER-EBC FUJINON 28mm F2.8  LOMO800

とまぁ、LOMO800について見てきたが、「LOMO」のイメージとは裏腹に、フィルムの質はちゃんとしているので、コストパフォーマンスは最高だと思う。

あとは値上りせずにこのまま頑張ってほしいところだ。

(注:2018年4月に値上りしてしまったが、それでも1本670円くらいなのでギリギリセーフだろう)

 

 

おしまい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です