LINEで送る
Pocket

50mm f1.4 と言えば、だいたいどこのメーカーでもラインナップされている 「ザ・標準レンズ」 だろう。

f1.4 という大口径なのに、比較的低価格で高性能。

うちの防湿庫を見ても、ニコン Ai 50mm f1.4、キヤノンFD 50mm f1.4、ヤシコン プラナー 50mm f1.4、ミノルタ MC ロッコール 50mm f1.4、オリンパス ズイコー50mm f1.4、ペンタックス タクマー50mm f1.4 があるな。

 

プラナーは高かったけど、それ以外はだいたいボディにくっついていたので、いつの間にか増殖していた。

集めていないのに、勝手に集まってくるレンズ、とも言えよう。

どれも、ちょいちょい個性があって好きなんだけど、一番好きなのはNIKKOR Ai 50mm f1.4 かな。

「ニコンは硬い」 という話もあるけど、確かにボケは少し硬いものの、全体としてはほどよく柔らかいと思っている。

さらに、柔らかさの中に「コシ」を感じさせる。単に柔らかいだけでなく、芯が通っているとでも言おうか。

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

今年の夏は前半が暑すぎて写真を撮る気が起こらず、後半は雨が多くて写真を撮る気が起きず。

子どもに、セミの抜け殻を探しに行こうと誘われたので、カメラを携えて付き合う。

この玉ボケやふわっとした空気感が気に入っている。

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

毛の一本一本をきちんと解像しつつ、ボケもいい感じ。

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

セミの抜け殻発見。看板の裏面で脱皮するとは。

なんか、夏も終わっちゃったな。

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

うーん、ちょっと見にくいけど、これもセミの抜け殻。

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

ピント面の解像感と浮き上がり感はなかなかのものだ。

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

やはりf1.4 というのは暗くてもだいぶ撮れる。

ライカでf1.4 のレンズなんていったら何十万もして大変ですよ。

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

9月に入ってだいぶ日が暮れるのも早くなったので、ISO400 のフィルムでもそこそこ撮れる明るいレンズはありがたい。

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

 

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

 

 

 


NIKON F3 HP  NIKKOR Ai 50mm f1.4  Ultramax400

 

 

というわけで、NIKKOR Ai 50mm f1.4 について見てきたが、プリミティブというか、純度が高いというか、余計な雑味がないので、写真を撮ることに集中させてくれるレンズだ。

あと、f1.4 のレンズ全体に言えることだが、開放だとピントが薄いので、ボディの性能も無視できない。

例えば、このNIKKOR Ai 50mm f1.4 は、FM10(コシナのOEM) か F3 で使うことが多いけど、FM10 だと、F3に比べるとファインダーが少し暗く、ピントが合わせにくい。また視野率も違う(FM10 92%、F3 100%)

 

もちろんFM10 は軽くていいカメラなんだけど、レンズの性能を引き出すには、なるべくボディにもこだわりたいものだ。

 

 


▲今回の機材。

 

 

 

2 のコメント

  1. どもども、だいきちボンバー殿。
    現在のフィルムと印画紙で適正露出で撮影したニッコールを単純に硬いと表現するのは如何なものかというお話をだいきちボンバー殿とさせていただきたいた気がするのですが、忘れていたらごめんなさい。
    ニッコールだから硬いというのは早計ですよね。なんだかデジ一眼に高年式のフィルム時代のAFニッコールのズームレンズをつけて「硬い」などと称するコンテンツがあるんですけど、「硬い」の言葉の意味が分かっていらっしゃるのかと疑問です。
    拙僧の標準器となる水のようなレンズがAiSニッコール50mmF1.8ですがデリケートな結像部や穏やかな諧調は模範となるものです。ただ、ニッコールというのはレンズによって結構描写の性格が違うという特徴はあると思います。あるレンズは結像部の線がデリケートであるレンズは太くハッキリしていたり、諧調の変化の違いもAi以降は極端な違いはないですがやっぱり感じるところはあります。
    今でもニッコールが硬いといわれるのはアウトフォーカスの処理がちょっと雑なレンズが確かにあります。広角でも望遠でも目立たないのですが、ちょうど標準域のレンズに顕著なのではないでしょうか。それと調子が固いのは別問題なのですが、そういう印象を残すのでしょう。
    お写真で言えばランプの光を反射する古木の艶やかさは硬いという表現は不適切でしょう。
    情緒的にはもっと柔らかい温かみのある発色が好まれるのかもしれないですが、それを良しとしないのがニッコールの魅力ではないでしょうか。
    追伸:あっしも目が劣化したのかFM10のフォーカシングがきつくなりました(泣

    Rikkie
  2. Rikkieさん、どうもです。
    > 現在のフィルムと印画紙で適正露出で撮影したニッコールを単純に硬いと表現するのは如何なものかというお話をだいきちボンバー殿とさせていただきたいた気がするのですが、忘れていたらごめんなさい。
    いえいえ、よく覚えています。自分の中で、もやもやしていたニコン評に同意してくださる方がいるのだと、勇気を持ちました。
    > ニッコールだから硬いというのは早計ですよね。なんだかデジ一眼に高年式のフィルム時代のAFニッコールのズームレンズをつけて「硬い」などと称するコンテンツがあるんですけど、「硬い」の言葉の意味が分かっていらっしゃるのかと疑問です。
    僕が週刊誌の記者をしていたときは、新聞社はニコン、雑誌社はキヤノン、というのが8割方でした。新聞社のカメラマンは、がっつり絞ってストロボをぶっつけで使い、コントラストの高いモノクロが好まれていたと思います。
    雑誌系はポジフィルムを使うので、ちょうどカラーに力をいれていたキヤノンが好まれていました。
    そのイメージがあって、ニコンは硬めのモノクロ、カラーはキヤノン、が先入観になっていました。ニコンが硬め、というのではなく、硬い写真を撮るためにニコンを使用していた、とでも言いましょうか。新聞の場合、印刷も良くないのでメリハリがないと使えないですし。
    基本的に現場でネガフィルムを使うカメラマンはいなかったので(高感度が必要なときに稀にネガを使いましたが)、あまり評価されてこなかったと思うのですが、カラーネガを使うと、またニコンのイメージが違うなと思っている次第です。
    最近は、目が悪くなっていることを実感していて、マニュアルフォーカスが怖くなってきました。
    ミノルタのαあたりでオートフォーカスにしようかしら、と弱気な今日この頃です。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です