LINEで送る
Pocket

『月刊 星ナビ』という雑誌で写真家の飯島 裕さんによる 「銀ノ星」という連載がある。

ここではモノクロフィルムを使って星を撮っているのだが、この写真が非常にかっこいい。

で、その連載でよく使用されているフィルムが、ILFORD の DELTA3200だ。

DELTA3200のざらざらっとした粒子感と星空がマッチしていて、こんな写真を撮ってみたいものだとつくづく思う。

先日、RB67の試し撮りで伊豆に行った際に星空を撮ろうと思ったのだが、あいにく満月だったので、このDELTA3200で暗いトンネルや日中の景色を撮ってみようと思った。

現像は、D76(stock) 10.5分 20℃、EPSON GT-X830でスキャン(2,400dpi)している。

img382
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

まずはちょっと暗い屋内で撮影。

ピント面の感じとボケの粒子感があいまって、立体感が出ている。

あまり絞っていないからだろうか、思ったより滑らかな感じだ。

img383
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

確かf5.6付近で撮影。

絞るとコントラストが高くなりそうな感じだ。

img378
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

ISO400のフィルムと比較すると、当然、粒状感があるが、日中に使ってもこれはこれで表現としておもしろそうだ。

img392
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

トンネルまで来て、三脚を立てて撮影。

なかなかワイルドな感じで狙い通りだ。

DSCF7577
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

ちなみにデジタルカメラで撮るとこんな感じで、これはこれで神秘的でおもしろい。

img387
NIKON F3 HP  Ai-s 85mm f/2   ILFORD DELTA3200

壁面の表面性状がおもしろかったので、85mmに変えて撮ってみた。

img390
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

暗いトンネルを車が疾走。

img405
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

このトンネルは有名なのか、外国から来た旅行者の姿も。

img408
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

翌日、渓谷に来たので、 DELTA3200で撮ってみた。

なんか意外とパキッとしていて悪くないな。

img410
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

高感度フィルムというと、夜の街スナップのイメージが強かったが、自然の中で使っても意外と新しい可能性を感じさせる。

img409
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  ILFORD DELTA3200

とまぁ、高感度フィルムを屋外、トンネルの中と撮ってみた。

フィルムでもデジタルでも、ノイズや粒子感の少ない滑らかな描写が当たり前の昨今、このざらついた粗粒子が逆に新鮮に感じた。

 

2 のコメント

  1. どもども、だいきちボンバー殿。
    拙僧が最後にイルフォードデルタ3200を使ったのはポートレイト撮影です。
    大雨に祟れてしまい室内撮影が余儀なくされたので動員しました。
    イルフォードのフィルムが冗談みたいに高くなる前に買った最後のブツです。
    ざらつく粗粒子感は覚悟の上だったのですが、やっぱり女性を撮ってはいけませんね。
    1枚目の写真は本当にイルフォードデルタ3200で撮った割には不思議と滑らかさが出ていますね。
    ネガの印象がワイルドだし硬質なんですよね。諧調が硬調なのとは微妙に違って硬質。
    このフィルムで女性の柔らかな肌の質感を期待するのは、見当違いも甚だしいですね。
    もっとも、ISO400フィルムもケントメアもオリエンタルも、それなりにワイルドなネガになります。
    ISO400フィルムで滑らかな諧調を得ようとするとTMAX400かトライX、イルフォードしか選択肢は無くなりました。プレスト400の代替品は、最早、現れないでしょうね。
    ISO400フィルムを安コンパクトカメラに装填して、絞り込んだ露出を期待して次々とスナップシュートをしたいものですが、なかなか難しいですねえ。
    ライカ判の3本セットアクロス2箱と120判の5本セットアクロスを1箱買うと5000円ですから。

    Rikkie
  2. Rikkieさん、どうもです。
    DELTA3200は、さすがに粗めではありますが、おっしゃるように「硬調」というのとも少し違いますね。粗さの中に階調はあるので、いいフィルムだと思いました。値段は法外ですが。
    ポートレートは、普通に使うには難しいかもしれませんが、なにか意図的な狙いがあればおもしろそうですね。
    ISO400は、DELTA400がなかなかよかったですけど、これもちょっと高いんですよね。なのでTMAXかTri-Xか。オリエンタルも意外と価格高いですし。
    この中ではケントメアが450円くらいで安めですが、おっしゃるように、ILFORD、TMAX、Tri-Xの滑らかさはないですし、選択肢は限られますね。
    カラーではISO400で常用していたULTRA MAXのディスコンが決まったようなので、これも困っています。カラーの400はFuji PRO400HやPORTA400 と値段が高いものしかないので、あとはLOMO400に頑張ってもらうしかないです。意外とLOMOがフィルムで孤軍奮闘しているので期待したいところです。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です