LINEで送る
Pocket

PENTACON29mm f2.8 は、カラーで撮るとちょっとほろ苦い感じの描写でなかなか味がある。

ではモノクロフィルムで撮るとどんな感じかと気になっていた。

img842
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX100

開放、アンダー目で撮ってみた。

開放とはいえ、f2.8 なので、シャープ、というかちょっと硬い印象だ。

周辺の流れやボケ方はおもしろいけど。

img838
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX100

f4とかf5.6くらいだったか。

精密な描写というよりは、やっぱり硬いか。

T-MAX + T-MAX Developer の組み合わせでPENTACON 50mm f1.8 だともっと柔らかかったな。

img814
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX100

超逆光で撮った。

ゴーストは出ているけど、極端なコントラストの低下はないようだ。

このあたりは、PENTACON 50mm f1.8 もそうだけど、マルチコーティングの恩恵だろう。

img812
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX100

img823
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX100

img845
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX100

だいたい開放で撮っているけど、もっとアンダーで、ざらざらと粗粒子的に撮った方が合うのかも。

img843
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX100

けどまぁ、最大の特徴は、最短撮影距離が25cm と寄れることだろう。

img649
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX400

がーっと寄って開放で撮ると、なかなか個性的だ。

img652
FUJICA ST801  PENTACON auto 29mm f2.8 T-MAX400

ピントを外しているからか、こんなボケも発生した。

DSCF1480
FUJIFILM X-Pro2  PENTACON auto 29mm f2.8

ちなみにデジタルカメラで撮ると、フィルムよりは滑らかな感じがするけど、PENTACON50mm はもっと滑らかだったな。

なかなか使い方が難しい、とまだよく特徴が掴めないレンズだけど、flickr を見ると、海外の人はPENTACON 29mm をかっこよく使ってるんだよねぇ。

もうちょっと使いこんでみるか。

DSCF4606
▲今回の機材

4 のコメント

  1. どもども、だいきちボンバー殿。
    なかなか、興味深く拝見させて頂きました。
    個人的な感じでは絞った時のエッジのキレ具合に注目しました。
    硬いというよりは順光で撮った時に結像でディテールを表現するレンズなのかもしれません。
    タクマーは明らかに解像感は低いですが、緩やかな諧調とシャドウの粘りでディテールを表現するところがあると思っています。
    もっとも、開放で近接撮影だと印象が変わりますね。この辺が掘り下げる欲求につながるのでしょうか。
    先日の撮影会で動員したペンタックスSP(黒)の動作がちょっと怪しいので、久しぶりにST801を出そうかな、と思っています。

    Rikkie
  2. だいきちさまこんばんは。
    デジタルの均質な画像もきれいで見やすいですね。
    でもフィルムの光の強弱も素敵です。
    木の硬さの表現がいいですね。
    かなり印象に残ります。
    寄れるから表現の幅が広くて使いやすそうです。
    クセのあるところも可愛らしい。

  3. なるほど、同じディテールの表現でも、プロセスが違う感じなんですね。確かにキレがいいので、それを生かす方向の方がこのレンズにはいいかもしれません。
    ペンタコン50mmの方はボケや柔らかさがあって、29mmの方はキレで勝負、というイメージでいきたいと思います。示唆に富んだコメントありがとうございます。
    SP(黒)カッコいいですよねぇ。タクマーはいいレンズ多いので欲しいんですけど、なかなか機会がないんです。
    ST801は、あの巻き上げのスプールのプラスチックの爪が折れて、あと1つになってしまったんです。他の機能は満足していますが、あのプラスチックだけはいただけないですね。

    だいきちボンバー
  4. フィルムの光の強弱。うれしいコメントありがとうございます。
    光画というくらいですから、その表現がフィルムを使う一番の理由かもしれない。
    このレンズはなかなか思い通りにいかないのですが、ねじ伏せるのではなく、レンズが撮りたいように撮る、くらいのスタンスで使ってみようと思います。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です