LINEで送る
Pocket

昨日は、午後時間ができたので、国立科学博物館附属自然教育園に行ってきた。

ここは目黒駅や白金台駅そばという都心に位置しながらも、20haの広大な土地に1436種の植物、2130種の昆虫、130種の鳥類が記録されているという都会のオアシス的な植物園だ。

紅葉でも眺めつつ、生命力あふれる植物を撮りたい。

装備は、NIKON F3 +Helios44-2 58mm f2 (NIKON Fマウント改) でカラー、FUJICA ST801 + PENTACON auto 50mm f1.8 でモノクロを使うことにした。

ソ連製のHelios と 東ドイツ製の PENTACON という共産圏コンビだ。

とりあえず今回はHelios44-2 で撮影した写真を載せたい。
 

撮影後、近所の写真屋さんで現像+データ作成をしてもらった。

64920005
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

園内は各所で紅葉が楽しめた。

ヘリオスっぽい、妖しいボケだ。

64920006
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

これも確か開放だったと思うけど、シャープに写ってるなぁ。

64920011
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

確か最短(50cm)で撮影。 なかなか、妖艶な写りだ。

被写体までの距離によって、ボケの出方がだいぶ違うようだ。

この写真は、PENTACON で撮った感じと似てるんだよねえ。ピント面の解像感や玉ボケの感じが。

と思って、自家現像を終えてスキャンしたPENTACON の写真で似た構図を探してみたところ……。

img947
FUJICA ST801  PENTACON auto 50mm f1.8 Kodak T-MAX400

両方とも4群6枚のダブルガウスで、描写も似ている印象があったけど、ちょっと違うか。

シチュエーションが違うので、なんとも言えないけど。

いままで使った感触としては、ヘリオスは逆光でなければコントラストが高め、ペンタコンは中間調が豊か、という印象かな。

まぁどっちも使っていて楽しいレンズには違いない。そして両方とも安い。

64920015
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

この写真が、まさに自分のヘリオスのイメージ。

ピントのシャープさと、ボケの浮遊感のギャップが。

64920025
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

基本的に枯れた植物が好きなので、この時期、被写体が多くて楽しい。

64920021
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

光を入れていくと、コントラストが低下して、またちょっと雰囲気が変わる。

64920013
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

64920029
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

64920027
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

ひょうたん池。

ここは、水面に映る反射がきれいだった。

64920028
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

この日、唯一のf4。

ちょっと絞ると、描写が変わる。

この二面性が楽しい。

64920032
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  Kodak UltraMax400

そして最後は豪快にゴースト、フレア祭り。

この左上のピンクっぽいゴーストの色ははじめて見たけど、いい色だなぁ。

これだけの逆光でも、中央は一応ちゃんと写っているのがすごい。

DSCF2234
▲本日の機材。

次回、PENTACON 編に続く……。

2 のコメント

  1. だいきちさまこんばんは。
    やっぱりヘリオスはいいですね。
    色もしっかりですし。
    明暗で表情がガラッと変わるのがたまらないですね。
    扱いにくいのもかわいい。
    木々の葉も緻密に描写されているのには驚きです。

  2. そうですね。手ごろな価格と描写でいまやオールドレンズの定番ともなったヘリオスですが、基本性能が高いですよね。
    逆光で崩壊しそうなシーンでも、芯はしっかりしているというのがすごいなぁと。
    Color Implosion との組み合わせが妖しさ満点ですが、他のネガカラーも試しているところです。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です