LINEで送る
Pocket

なんとまぁ、会社の先輩に LEICA CL を頂いてしまった。

しかも、SUMMICRON-C 40mm F2 付きだ。ひゃっほー。

DSCF0799-2

LEICA CL は、1973年から1976年にかけてミノルタと共同で製作され、海外では「LEICA CL」、国内では「LEITZ minolta CL」の名称で販売された。

距離計連動、しかもTTLスポット測光内蔵ながら、ボディは約360gと小型軽量化されている。

DSCF0809-2
SUMMICRON 50mm(左) と SUMMICRON-C 40mm(右)

SUMMICRON-C 40mm は、4群6枚で、SUMMICRON 35mm の第2世代、いわゆる「6枚玉」 と 外観も設計も非常に似ているが、コストダウンが図られているので、硝材やコーティングに違いがあるかもしれない。

DSCF0815-2
M6 と比較すると、小ささがよくわかる。

露出計の電源は、現在では手に入らない水銀電池なので、関東カメラから発売されているMR-9 アダプターとSR43を購入した。

これは、SR43の電圧1.55Vを水銀電池と同等の約1.35Vに変換してくれるので、(露出計が壊れていなければ)適正な値を示してくれる。

CL の露出計は、針が中央にくるように絞り値、シャッタースピードを変える方式なので、適正値からの「ずれ」が目で判別しやすい。
M6の場合、アンダーかオーバーか適正か、がわかるだけなので、CLの方が使いやすいな。

と、ここまでは完璧だったのだが、落とし穴があった。

DSCF1623
レンズの後玉にキズ、くもり、中玉に点カビが……。

先輩は、防湿庫に数年入れっぱなしだったそうで、その影響かと思われる。

まぁ頂いたその場でうすうす気付いてはいたのだが、「これ、カビ玉ですね」 なんて失礼なことも言えないので。

ただその先輩は、 球面ズミルックスも持っているのだが、むしろそれがカビていないかが心配だ。そのうち、格安で譲ってもらおうと狙っているので。

とりあえず、レンズの写りはどうか、ボディの露出計やシャッターは正常か、試し撮りをしてみた。

T-MAX Developer で 1:4、20℃、7分30秒で自家現像後、EPSON GT-X830 (2,400dpi)でスキャンしている。

img556-2
LEICA CL  SUMMICRON-C 40mm F2  T-MAX100

この日は曇天だった。

たしか1絞りくらいしたと思うが、なかなかよく写っているではないか。

img557-2
LEICA CL  SUMMICRON-C 40mm F2  T-MAX100

開放付近。まぁピントはきているし、こんなもんかな。

img568-2
LEICA CL  SUMMICRON-C 40mm F2  T-MAX100

うーん、悪くはないんだけど、なんかしゃっきりしない感じがつきまとう。

ズミクロンという感じではないというか。

img570-2
LEICA CL  SUMMICRON-C 40mm F2  T-MAX100

日が出てきたので半逆光で撮ったが、フレアがかっているな。

img571-2
LEICA CL  SUMMICRON-C 40mm F2  T-MAX100

そんな強い光でもなかったのに。

やはり後玉の影響は大きいか。もったいないなぁ。

img574
LEICA CL  SUMMICRON-C 40mm F2  T-MAX100

けど日陰で絞るとパキッと写る。

これなんて、ズミクロンらしい写りだ。

img580
LEICA CL  SUMMICRON-C 40mm F2  T-MAX100

ボケはちょっとうるさい感じだけど、まぁ味は悪くないかな。

とりあえず、CLの露出計は使いやすいし、コンパクトボディは散歩に最高だ。

ただ、それだけにレンズがもったいない。

このレンズ、相場を調べると6万~8万くらいで、なかなかいい値段をする。

後玉の傷だから、清掃では治らない。そこで……。

1473682210318
「山崎ズマール」で有名な、山崎光学で研磨とコーティングをしてもらうことにした。

電話では山崎さんが出たので、まだ現役か(80歳くらい?)、と驚いたが、現場での対応は息子さんだった。

やはり後玉の傷、カビ、クモリが影響しているが、大丈夫でしょう、とのことだった。

費用は2万から3万くらい、とのことだったが、元をただせば頂きものだし、「山崎磨き」がどんなもんか見てみたかったので、ちょうどよい機会だった。

さて、どんな写りになって戻ってくるのか楽しみだ。

【追記】
修理から帰ってきました(瀬戸内を旅する その1)。

2 のコメント

  1. どもども、だいきちボンバー殿。
    なんと、、ライカCLとズミクロン40mmF2を頂けるとは!
    やっぱり、こういうのは人徳なのでショウねえ。
    ズミクロンの後玉のダメージは痛いですね。
    逆光はともかく、順光でも本来のパフォーマンスを発揮できていない気がします。
    山崎光学の門をくぐりましたか。
    それだけの価値があるでしょうね。
    有名な山崎光学のOHの結果が楽しみです。
    山崎光学というとコンゴーを思い浮かべてしまいます。
    拙僧の師団にもコンゴーのついた蛇腹カメラのプラウド3があるのですが、赤窓からの光線漏れで待機中です。
    なんとか使い物にしたいのですが。

    Rikkie
  2. CLは嬉しかったですねぇ。小ぶりで使いやすく、露出計もわかりやすいので、これは散歩にぴったりだなと思いました。M型ライカとローライ35の間くらいで。
    有効基線長が短いのと、パララックスはちょっと気になりますが、まぁスナップで使う分にはあまり気にしてもしょうがないですね。
    それよりもズミクロンはちょっとショックでした。ただ買おうとすると結構な値段がするし、ロッコールを買うのも癪なので、山崎さんにお願いしました。研磨はちょっと躊躇しましたが、この状態ではもったいないので、研磨や再コーティングによって写りがどう変化するのか楽しみです。
    コンゴーレンズの話は聞いたことはありましたが、実際に持っている方がいらっしゃるとは驚きです。大判用の生産も終え、会社をたたんだようなので、コンゴーレンズ搭載のプラウド3、貴重かもしれませんよ!

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です