LINEで送る
Pocket

以前から低感度のフィルムはどんなもんだろう、と興味があったのだが、Flickr でRollei Ortho25 を見たところ、その繊細さとシャープさに驚き、使ってみることにした。

感度25 ですよ、25 !  昼間でも日陰だと手持ちが厳しそうな感度だ(まぁ昔の人はASA10 とかで撮っていたわけだが)。

特徴としては、「高解像度」 で 「驚異的なシャープネスと極小粒子」 らしい(Silversalt HPより)。

そこで、そんなフィルムに対抗すべく、なるべくカリカリっとしたレンズということで、Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2 と Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S をチョイス。三脚をもって、等々力渓谷へ向かった。

現像は、D-76 で1:1  20℃ 8分30秒 、EPSON GT-X830でスキャンしている (2,400dpi)。

img401-2
NIKON F3 HP  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  Rollei Ortho25

雨上がり、色気のあるシダ植物を狙う。

この生々しい質感描写と重厚な迫力はすごいなと。

img398-2
NIKON F3 HP Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Rollei Ortho25

F11くらいに絞ると4秒くらいになったので、NDフィルターを使わずにこのように撮れた。

水の質感や奥の岩肌にゾクゾクする。

img406-2
NIKON F3 HP  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  Rollei Ortho25

img396-2
NIKON F3 HP Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Rollei Ortho25

少し日が差し込んできた等々力渓谷。


img414
NIKON F3 HP  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  Rollei Ortho25

img397-2
NIKON F3 HP Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Rollei Ortho25

img417-2
NIKON F3 HP Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Rollei Ortho25


img418-2
NIKON F3 HP Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Rollei Ortho25


img421-2
NIKON F3 HP Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Rollei Ortho25

等々力不動尊。

img428-2
NIKON F3 HP  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  Rollei Ortho25


img430-2
NIKON F3 HP Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Rollei Ortho25


img431-2
NIKON F3 HP  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  Rollei Ortho25

いや~、なかなか精密な描写だ。しかも表面性状や質感などもよく出ていて、レンズとフィルム、お互いの特徴を高め合ってる。

じっくりと三脚を据えて撮りたいフィルムだろう。

DSCF0126
本日の機材。

7 のコメント

  1. ローライ(Agfa)のフィルムの中にはカーリングがひどいのがあるのですが、このフィルムの平面性はどうでしたか?
    テクニカルパンやネオパンFより、このフィルムの方が圧倒的に質が高いことに驚いています。まだまだフィルムは良くなる要素があるのですね。

    CMG
  2. カーリングはほとんどしなかったです。どうやら、裏面にコーティングをしていて平面性を高めているようです。乾燥後、すぐにスキャニングできました。
    また、ベースが透明になるので、スキャニングもヌケがよい印象です。
    Ortho25以外にも、解像度が非常に高いAdox CMS 20 II や 複写用フィルムの流れをくむRollei ATP(Advanced Technical Pan) 1.1 、Rollei ATO(Advanced Technical Ortho) 2.1 も質が高く、進化している印象です。このあたりを使って、プリントまでしたら楽しいでしょうね。

    だいきちボンバー
  3. どもども、だいきちボンバー殿。
    昔、アグファにもISO25があったと思うのですが、スタジオポートレイトで何回か使いました。
    その時はあまりメリットを感じなかったのですが、だいきちボンバー殿のお写真を拝観すると密度と諧調の立ち上がりに驚きました。やっぱり、人間の腕ですね。
    特にシダの質感と清流の流れの精密さには強く惹かれます。
    若干、光源を選ぶのかなあとも思ういましたが、なかなか興味深いフィルムですね。
    拙僧もネオパンFとかイルフォードパンF50とかよく使っていました。
    あまり精密感は感じなかったのですが、デリケートな諧調の性格の違いが楽しかったですね。

    Rikkie
  4. なかなか常用という感度ではありませんが、変化をつけたい時やじっくりと撮りたい時にはいいですね。気持ちアンダーで撮ると、ぐっと厚みのある高精細な写りで驚きました。
    反面、ご指摘のように、光源によって難しい場面も多いと思います。簡単に飛んでいるカットも多かったです。むしろフラットな光の方が撮りやすく、質感も出しやすいと思いました。
    低感度フィルムはおもしろいので、今度はPENTAX 645N あたりで撮ってみようと思っています。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です