LINEで送る
Pocket

高知県にある仁淀川は、全国1級河川水質ランキングで1位になるなど水がとてもきれいで、また透明度が高いことでも有名だ。

特に上流では、神秘的な色合いの 「仁淀ブルー」 と呼ばれる絶景が見られるという。

今回、高知県に行く機会があったので、この「仁淀ブルー」をぜひ見てみたい。

「仁淀ブルー」が見られる場所には、「にこ淵」 「安居渓谷」 「中津渓谷」 などが知られているが、今回は、「にこ淵」 に行ってみることにした。

ただし、水が「ブルー」に見えるのは、8月中旬頃から1月中旬頃で、その時期以外はブルーというよりはグリーンに近い色らしい。

 

高知駅前でレンタカーを借り、約2時間 で「にこ淵」 に到着した。

 

 

1468902807419
入り口付近まで車で行けるので、アクセス楽勝、と思いきや……。

 

 

1468902843087

1468902872941

このように、急な山道というか崖のようなところを金属のチェーンを掴みながら降りていかないといけない。
滑落して大けがしてもおかしくないぞ、これは。

ちょっとした観光地なので、サンダルとかヒールで来ている女性もいたが、少なくとも運動靴で行きたいところだ。

 

 

DSCF8314-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

やっとこさ到着。

おお、美しい。

確かに日陰はブルーというより、エメラルドグリーンといった感じか。

 

 

DSCF8371-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

日が当たる左側の方へ行ってみると、日陰側とは違った色合いだ。

このように、日の当たり具合や時間帯によって、色が微妙に変化するそうだ。

 

DSCF8377-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

裸足になって川に濡れながら、左奥の方へ行ってみた。

 

 

71160033
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

フィルムでも撮ってみる。

お、なんかこっちの方が 「仁淀ブルー」 に近いかな。

 

 

71160035
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

ここでシュノーケリングをするアクティビティみたいなのがあるようで、滝壺付近で泳いでいる人が見える。

 

 

DSCF8452-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

いや~、この透明感はすごい。

ただ、パソコンだとこの色がきれいに見えるのだけど、所有しているスマホでは、なんか変な色に見えてしまう。

 

DSCF8359-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

NDフィルター(ND16)を付けて、スローで撮ってみた。

以前購入した角型フィルター(格安NDフィルターは本当に使えるのか!?)では広角側がケラれてしまうので、結局、薄枠タイプのフィルターを購入した。

 

 

DSCF8485-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

一通り撮影し、のんびりと佇んでから撤収。

帰るころには、だいぶ人が集まっていた。

完璧な「仁淀ブルー」ではなかったが、美しい景色と空気を味わえたので満足だ。

この後、次の目的地へ向かうことにした(四国カルスト、桂浜 に行く)。

 

2 のコメント

  1. どもども、だいきちボンバー殿。
    うーむ、美しい。四国ですか。情報収集能力と軽快な機動に毎度のことながら敬服します。
    四国は今年は九州とセットでツーリングするつもりだったのですが、震災で断念しました。
    しかし、こういう撮影スポットを回るツーリングも積極的に計画するべきですね。
    どうしても、拙僧は走ることばかり考えてしまうので。
    コンタックス137MAは拙僧のヤードにも転がっているのですが、怖くて稼働できません。
    先日はヤシカFX-3がちゃんと動くことを確認したのですが、コンタックスよりもヤシカの方がアテになる気がします。
    ちょっとスイートな価格帯のX10を見付けて悩んでいます。
    勿論、XPro2とは格が違いますが、フジフィルムが真剣に作ったコンパクトデジカメをしっかり使うのもみりょっくてかなって思うんですよね。すぐにはXProには届きませんから。

    Rikkie
  2. > うーむ、美しい。四国ですか。情報収集能力と軽快な機動に毎度のことながら敬服します。
    > 四国は今年は九州とセットでツーリングするつもりだったのですが、震災で断念しました。
    > しかし、こういう撮影スポットを回るツーリングも積極的に計画するべきですね。
    > どうしても、拙僧は走ることばかり考えてしまうので。
    四国の山道は車で走っていて楽しかったです。バイクだったらもっと気持ちいいでしょうね。
    この仁淀川の後、四国カルストにも行きましたが、天空をドライブする感じで最高でした。
    四国はツーリングと撮影を両立できそうです。
    > コンタックス137MAは拙僧のヤードにも転がっているのですが、怖くて稼働できません。
    > 先日はヤシカFX-3がちゃんと動くことを確認したのですが、コンタックスよりもヤシカの方がアテになる気がします。
    この旅ではフィルム機は137MAだけでした。コンタックスを予備機なしで旅行に持っていくのは、軽率でした。巻き上げやバルブが調子悪かったです。なんとか撮り切りましたが、ダメなコマもありました。
    コンタックスはあてにならないですね。かといって、もう一台もっていくのも荷物なので、旅にはニコンやライカが無難でした。
    > ちょっとスイートな価格帯のX10を見付けて悩んでいます。
    > 勿論、XPro2とは格が違いますが、フジフィルムが真剣に作ったコンパクトデジカメをしっかり使うのもみりょっくてかなって思うんですよね。すぐにはXProには届きませんから。
    以前、X20を使っていましたが、色合いはフジだし、ズームレンズだし、と気に入っていました。これ一台で、たいていのものは撮れるなと。いま思うと、その後のXマウントにはまるきっかけもX20でした。
    ただ、X20のEVFのクオリティはそこまで高くはないので、だったら光学ファインダーのX10でいいのではないか、と思います。X-Trans CMOS でフジの色味ですし、値ごろなら欲しいですね。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です