LINEで送る
Pocket

先日、ブログで交流のあるRikkieさんのホームページ(意してプラカメ拾う者なし)で、オリンパス オートアイが紹介されていた。

1960年に発売されたレンズシャッター機なのだが、搭載されているズイコーレンズの描写がとても味わい深くて心が動かされてしまった。

よし、次の散歩にはズイコーレンズを持っていこう、と心に決めた。ただ、だいきちが所有しているズイコーは、一眼レフ、OMシリーズのレンズなのだが、まぁ気分の問題なので、これでよしとしよう。

 

DSCF0598

持っていくのは、OM-1 に 28mm f/3.5 50mm f/1.8、75-150mm f/4 の3本。

28mm は、f3.5 と少し暗いが、写りはシャープで気に入っている。銀座の三共カメラで4000円で購入。

75-150mm は、おそらくOMシリーズのレンズの中で、200mm f4 と双璧をなす安さ。確か目黒の三宝カメラで1500円か2000円で購入した。カラーでの感触はまずまずで、モノクロとの相性がよさそうな気がした。

フィルムは、Rollei RETRO80S、現像液はD76、 1:1 20℃ 12分30秒で自家現像し、EPSON GT-X830 でスキャン(2400dpi) している。

行先は、ちょっと漁港とか漁村を散歩したかったので、神奈川県の三崎漁港へ向かった。

 

img172
OLYMPUS OM-1  F.ZUIKO 50mm f/1.8 Rollei RETRO 80S

京浜急行久里浜線の終点・三崎口駅からバスで15~20分で三崎漁港に到着。

日曜の朝市で有名な三崎港だが、この近辺はちょっとなつかしい感じの漁村風景を見ることができるのだ。

 

 

img177
OLYMPUS OM-1  F.ZUIKO 50mm f/1.8 Rollei RETRO 80S

ほのぼのとした町並み。

 

 

img150 28
OLYMPUS OM-1  G.ZUIKO 28mm f/3.5  Rollei RETRO 80S

 

 

img152 28
OLYMPUS OM-1  G.ZUIKO 28mm f/3.5  Rollei RETRO 80S

 

 

img155 28
OLYMPUS OM-1  G.ZUIKO 28mm f/3.5  Rollei RETRO 80S

なかなか、昭和な風景が広がっている。

50mm は安定の写りだが、28mm のキレ味もなかなかのものだろう。

 

 

img174
OLYMPUS OM-1  F.ZUIKO 50mm f/1.8 Rollei RETRO 80S

 

 

img166 75-150
OLYMPUS OM-1  ZUIKO 75-150mm f/4 Rollei RETRO 80S

75-150mm f/4 を使ってみた。

なかなかヌケもいいし、雰囲気が出ているではないか。

 

 

img168 75-150
OLYMPUS OM-1  ZUIKO 75-150mm f/4 Rollei RETRO 80S

なかなかシャープだし、ボケも悪くないし、ちょっとノスタルジックでいい感じ。

 

 

img179
OLYMPUS OM-1  F.ZUIKO 50mm f/1.8 Rollei RETRO 80S

扉のすき間から睨まれる。

漁村だけあって、猫が多かった。

 

 

img161 75-150
OLYMPUS OM-1  ZUIKO 75-150mm f/4 Rollei RETRO 80S

75-150mm f/4 をf8くらいに絞って使ってみた。

 

 

img162 75-150
OLYMPUS OM-1  ZUIKO 75-150mm f/4 Rollei RETRO 80S

いや~、この写りは1500~2000円 とは思えないな。

 

 

img145 75-150
OLYMPUS OM-1  ZUIKO 75-150mm f/4 Rollei RETRO 80S

そんなこんなで、昭和な雰囲気の三崎漁港をブラブラしてみた。こういう町並みは散歩するだけで癒される。

ズイコーレンズは、28mm f3.5、50mm f1.8 の安定した写り、シャープな描写はモノクロでも健在だった。

そして、75-150mm f/4 の描写は、予想以上のうれしい驚きだった。

ただ、ボディのOM-1 の露出やシャッタースピードがしっくりこなかったので、ボディをどうするか考えさせられた。

また、ズイコーレンズをもう少し拡充したくなってしまった。まずは、写りに定評のある50mm f3.5 マクロが欲しいなぁ……。後編に続く(OM-1 と漁港を歩く 2)。

 

 

 

2 のコメント

  1. どもども、だいきちボンバー殿。
    拙僧の名前を出していただき、ありがとうございます。
    OMのズイコーは持ってはいるのですが、あまり稼働していません。
    今回のだいきちボンバー殿のお写真を拝見して、もっと使わなければなあと反省しています。
    ファインダーに少々の腐食があってもOM-1はガリっとした巻き上げも含めて好きです。
    ただ、実際に使うのはOM10とかOM40とかのほうが多いんですよね。どうにもお気楽になってしまって。
    ちょっとズイコー75~150mmF4の肉乗りのある開帳に驚いています。
    ズイコーのズームレンズは少し掘り下げると面白そうですね。
    それにレトロ80Sの諧調と黒味が美しいですね。
    拙僧などは何度か失敗して諦めています。
    先日はポートモデル撮影会で10本以上のモノクロフィルムを消費してしまったのですが、現像の失敗が怖いです。
    全てアクロスなので、少しは安心しているのですが。1本だけフォマパン400で撮ったのですが、これはキタムラに出しました。
    ちょっと関係ないのですが、ジャンク籠にくたびれたM-1が1980円で転がっていたんですよね。
    以前なら飛びついたのですが、今回は冷静になってスルーしました。
    最近ペンFの25mmF4を確保したので使いたいと思っています。ボディの調子がどうも怪しいので花文字ペンFをキタムラのネット中古で注文してしまいました。2台取り寄せて、いい方を確保しようと思っています。

    Rikkie
  2. Rikkieさんの記事がきっかけで、ズイコー使いたい、と再び思えたので、オートアイの記事に感謝してます。モチベーションが上がったので使ってみたら、どのレンズも個性があって再発見でした。
    OM-1は、ちょっとへたってきたので、買い替えようと思いました。Rikkieさんもお持ちのOM-4がよかったのですが、当然、なかなか高いので、結局、OM2000 を買いました。コシナのOEMなのでOMの思想とは別物ですが、機械式のシャッターかつ露出内蔵、軽い、という条件に当てはまっているので満足してます。
    RETRO80S は、最近のモノクロでは一番気に入っています。日常使いには、感度の低さが気になるので、屋外、昼間とわかっているときだけではありますが、低感度の分、階調も滑らかで締まりもいいし、いいフィルムだと思います。RETRO400とは、ネガの方向性も、自家現像の感覚も、まったく別物のフィルムですね。
    PEN も欲しいなぁ、といつも思うのですが、ハーフで72枚撮り切れるかな、と今まではスルーしていました。
    花文字のペンF のデザインはかっこいいですよねぇ。ペンのズイコーの写りもいいので、う~ん、物欲が湧いてきます。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です