LINEで送る
Pocket

初日の早朝から午前中にかけては、大雨、暴風雨だったが、昼過ぎから急速に天候が回復した。

03080014
PENTAX645N  FA 45-85mm F4.5 FUJIFILM PRO160NS (C-PLフィルター)

午前中の雨がうそのように、青空が広がった。

八ヶ岳の壮大な景色には、中判フィルムカメラがマッチするなぁ。

この空の奥行き感がたまらん。

03080013
PENTAX645N  FA 45-85mm F4.5 FUJIFILM PRO160NS (C-PLフィルター)

77mm のPLフィルター、高かったけど買っておいてよかった(涙)。

で、晴れたら行こうと思っていた横谷峡遊歩道へ向かう。

ここは全長6キロの渓流に沿った遊歩道で、滝や岩、新緑を味わうことができる。

完走する時間はなかったので、途中から歩くことにした。

DSCF3537
FUJIFILM X-Pro2  XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS (アクロスモード)

終点の乙女滝。

名前と違って、なかなか豪快な滝だった。水しぶきが心地よかった。

この日はこのままホテルへ向かい、温泉でのんびり過ごす。

翌朝は3時半に起床して夜明けの御射鹿池を撮影した後(PENTAX 645N を抱えて八ヶ岳へ行く)、一度ホテルに戻って仮眠し、チェックアウトして北八ヶ岳ロープウェイへ向かう。

DSCF0112-2
FUJIFILM X-T10 XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS (ベルビアモード)

北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅(標高1771m)から7分ほどで山頂駅(標高2237m)に着く。

DSCF0116
FUJIFILM X-T10 XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS (ベルビアモード)

山頂駅からは、左手に南アルプス、正面に中央アルプス、右手に北アルプス、と日本三大アルプスを一望できる。

DSCF0130
FUJIFILM X-T10 XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

八ヶ岳最後の噴火でできた溶岩の大地が広がる。

遊歩道として整備されており、およそ30分ほどで1周できる。

DSCF0144 CC
FUJIFILM X-T10 XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS (クラシッククローム)

ここはクラシッククロームで撮影してみた。

X-T10 の方が、X-Pro2 より空が自分のイメージに近く撮れる気がするんだよなぁ。

雲の感じとか、青の濃淡とか。

03050010
PENTAX645N  FA 45-85mm F4.5 Kodak Ektar100 (C-PLフィルター)

遊歩道から外れて、縞枯山荘へ向かう。

これから先は、縞枯山の登山道となり登山装備が必要だ。

03050012
PENTAX645N  FA 45-85mm F4.5 Kodak Ektar100 (C-PLフィルター)

久しぶりにEktar100 を使ってみた。大幅値上げ前に買いだめしていたストックから一本。

この派手な発色は、まさにEktar だぜ。

DSCF0210
FUJIFILM X-T10 XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

初めてパノラマモードというやつで撮影してみた。

左手が八ヶ岳連峰で、一番左が赤岳。
正面が南アルプスで、右端が中央アルプスだ。おそらく。

そんなこんなで、2日間の八ヶ岳を満喫し、帰途に就いた。


4 のコメント

  1. ぺんぎんさん、コメントありがとうございます。
    最近、フィルムをはじめられたんですか!
    いや~、フィルムを使う人が増えるのはうれしいですね。
    フィルムの情報は少ないので、なるべく役にたつ情報を載せていきたいと思っています。

    だいきちボンバー
  2. どもども、だいきちボンバー殿。
    中判フィルムのカラーもいいですね。逆にデジのモノクロも感心しました。
    しかし、これからエクターを使うのは、かなり勇気がいる判断ですね。
    まだ、アクロスがフレンドリーな価格で助かります。割と雑な現像でも絵が出ますし。
    アクロスが無くなったら、拙僧の写真趣味も曲がり角かもしれません。

    Rikkie
  3. 最近はX-Pro2 のモノクロがよく撮れすぎるので、ある意味、フィルムを使う心が折れそうになるのですが、645N がカラー、モノクロと予想以上の写りなので、フィルムを使うモチベーションが保てています。
    エクターは値上がり前は、ブローニーのカラーの中では比較的安かったこともあり、よく使っていましたが、大幅値上がり後は買ってません。ポートラもそうですが、ストックを使い切ったら終了です。
    なので、モノクロはアクロス、カラーはPRO 160NS 、これがなくなったら中判は引退かもしれませんね。まぁ、フジはなんとか品目を絞って作り続けると信じていますが。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です