LINEで送る
Pocket

本日2月25日から開催のCP+2016  に取材に行ってきた(パシフィコ横浜ほか。28日まで)。

このホームページでは、だいきちが注目した製品の極私的感想を記したい。

DSCF6817
▲会場のパシフィコ横浜。晴天に恵まれた。

DSCF6737
▲会場内。初日の午前中はプレスタイムなので、比較的ゆったりと見て回ることができた。

【NIKON】
DSCF6699
▲今回、一番の賑わいを見せていたブースがNIKONだ。D5、D500 には大勢の人だかりが。

DSCF6703
▲そして、CP+ 開催直前に飛び込んできたニュースが、「DL」シリーズの発表。
超広角ズームの「DL18-50 f/1.8-2.8」、標準ズームの「DL24-85 f/1.8-2.8」、超高倍率ズームの「DL24-500 f/2.8-5.6」の3機種がラインナップ。

2081万画素、1型CMOSセンサーで、4K動画への対応、AF性能、連写性能も高い。

NIKON 1 はこの「DL」シリーズに集約されていくのだろうか。

【FUJIFILM】
DSCF6681

DSCF6680
▲今回、個人的に一番欲しいと思ったのが、FUJIFILM X70 だ。
ポケットに入るサイズで、画質的にも十分。起動、AFも早い、とスナップシューターやサブ機として最高でしょう。

「KLASSE のデジカメがあればなぁ」と常々思っていたが、かなり近い線を行っていると思う。

DSCF6677
▲X-Pro2。外観は、Pro1 とほとんど変わっていないが、AF性能は格段に上がっている。

光学ファインダーと電子ビューファインダーを一瞬で切り替えられる「ハイブリッドビューファインダー」は、技術的には特筆ものなのだが、果たして必須の機能かどうかは疑問だけど。

あとPro1 でも思ったけど、レンジファインファー型なので比較的コンパクトかと思いきや、結構でかい。
フラッグシップだからしょうがないけど、値段もちょっと高いなぁ、というのが正直なところだ。
 

【SIGMA】
DSCF6690
▲またまたSIGMA がやってくれた。CP+ の前日に突如発表されたミラーレスデジタルカメラ「SIGMA sd Quattro」と「SIGMA sd Quattro H」。

フォビオンセンサーでレンズ交換式、Artシリーズを使ったら楽しいだろうなぁ。

持った感触としては、重い。ボディが重いのか、レンズが重いだけなのかわからないけど、重い。

ボディは625グラムなので、X-T1の390グラム、OM-D E-M1 の440グラムと比べるとミラーレスとしては重いけど、このカメラと画質を欲する人は、重量なんて気にしないわい。

AFはもっさりとしていたが、これからブラッシュアップされるだろう。

【OLYMPUS】
DSCF6713

DSCF6715
▲オリンパスは、やっぱりPEN F でしょう。かなり予約が入っているようだけど、聞いたらシルバーの方が人気なんだとか。

ただ、フィルムのPEN F を想像していると、その大きさにおののくことだろう。

【PENTAX】
DSCF6684
▲PENTAX はやはり、待望のフルサイズ、K-1 だ。

DSCF6685

DSCF6687
▲K-3 が名機なだけに、フルサイズへの期待は高いだろうが、試写した感じでは、あまり大きな違いはわからなかった。
やはり、フィールドで実際に撮ってみないとPENTAX のよさはわからないのかもしれない。

では最後に、目線を頂いた各社のおねえさん方に登場していただこう。

DSCF6749
I-O DATAのおねえさん、ありがとう!

DSCF6707
CANONのお
ねえさん、ありがとう!

DSCF6709
Panasonic のおねえさん、ありがとう!

DSCF6712
TOSHIBA のおねえさん、ありがとう!

DSCF6723
SIRUI のおねえさん、ありがとう!

DSCF6758
NIKON  のおねえさん、ありがとう!
 

みなさんは、どの子、いやどの機種が気になりましたか?

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です