LINEで送る
Pocket

前回(破裂し、崩壊する色調   ADOX Color Implosion)の続きで、色調が制御不能な ADOX Color Implosion について記しておきたい。

以下、ロシア製のレンズ・Helios 44-2 58mm f2 を用いて浜離宮恩賜庭園にて撮影。

000011
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  ADOX Color Implosion

000010
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  ADOX Color Implosion

000030
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  ADOX Color Implosion

000025
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  ADOX Color Implosion

000033
NIKON F3  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  ADOX Color Implosion
▲これはニコンのマクロレンズで撮影

以下、KLASSE で下田を撮影。

KLASSE 000026
KLASSE W  ADOX Color Implosion

下田の廃墟となったホテル。

あやしい感じがよく出ている。

000028
KLASSE W  ADOX Color Implosion

下田の海。

KLASSE 000030
KLASSE W  ADOX Color Implosion

同じく下田の海。

KLASSE 000034
KLASSE W  ADOX Color Implosion

こちらは、熱海の渋いジャズ喫茶。

KLASSE 000036
KLASSE W  ADOX Color Implosion

同じく熱海。

熱海はなかなかレトロで散歩するとおもしろい街だ。

下田の帰りに途中下車して撮った。

KLASSE 000045
KLASSE W  ADOX Color Implosion

倉敷でもちょっと撮影。

重要伝統的建造物群保存地区なので、あらためて取り上げたい。

KLASSE 000046
KLASSE W  ADOX Color Implosion

同じく倉敷。

Color Implosion はどのような色調になるか予測できないが、なかなかドラマチックな写りをするので楽しい。

被写体によっては、はまるとかっこいいので、サブカメラに入れておきたいフィルムだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です