LINEで送る
Pocket

【お知らせ】
ロッコールレンズはどうなのか?
 の追記をしました(2015.10.20)

はじめて倉敷に行く機会があった。

装備は、昼間はM6とモノクロ、夜はKLASSE に Natura1600 を使うことにした。

モノクロフィルムは、はじめてADOX Silvermax を使ってみた。
通常のネガフィルムと比べて銀の含有量が多く、ハイライトからシャドウの階調が豊かだという。

レンズは、SUMMICRON 1本勝負だ。

img537 50mm silvermax
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) ADOX Silvermax

Silvermaxの現像は、Silvermax専用現像液を使った。
これで現像すると、広いラチチュードが獲得できるという。

まぁ1本目なので、正直よくわからないけど、暗部もつぶれにくく、こってりとした感じがする。

img599
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) Rollei RETRO 400S

こちらは、Rollei RETRO 400S。

感度的にも使いやすく、粒子も細かい。

またフィルムのベースが透明になるので、スキャンがきれいにできる。

リールに巻きやすく、乾燥も早く、ホコリもつきにくいので、使い勝手が非常にいい。

赤外領域にも感光性があるので、今度は赤外線写真も撮ってみたい(要赤外線フィルター)。

img547
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) ADOX Silvermax

倉敷美観地区。

大勢の人で賑わっていた。

img546
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) ADOX Silvermax

トーンがリッチというか、シャドウから中間、ハイライトと全体的に濃厚だ。

img575 50mm 400s
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) Rollei RETRO 400S

img577
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) Rollei RETRO 400S

img589
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) Rollei RETRO 400S

なまこ壁の白と黒のコントラストが美しい。

img584
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) Rollei RETRO 400S

路地の雰囲気もいいぞ。

img586
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) Rollei RETRO 400S

img591
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) Rollei RETRO 400S

img593
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) Rollei RETRO 400S

img553
LEICA M6   SUMMICRON 50mm f2 (3rd) ADOX Silvermax

途中でカフェなんかに寄ったりして、3時間ほど散策した。

一度、ホテルに戻って、暗くなったら再出陣することにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です