LINEで送る
Pocket

伝統的建造物群保存地区の話は、連続だと疲れるのでちょっと他の話を。

今回は、フィルムのADOX Color Implosionについて記しておきたい。

このネガフィルムは、設定した感度によって、色調が緑や黄色、赤などに変化するちょっと変わったフィルムだ。

ISO400で使用した場合、色は崩壊してペール色になり、粒子は非常にラフになる。
ISO200で使用した場合、赤はとても強くなり、他の色はグリーンがかるか青みがかる。

ISO100で使用した場合、70年代の夏のような色になる。粒状はISO400の場合に比べ、小さくなる、という。
(Silversalt ホームページより)

色は、設定した感度や光の状態によって変化し、それをコントロールできない楽しさがあるのだ。

000013-1
NIKON F3  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  ADOX Color Implosion

なんだこの色は……。

一応、ISO200 に設定して、マクロレンズでコスモスを撮影。

緑が強く出ているようだ。楽しすぎるぞ。

 

 

000018-1
NIKON F3  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  ADOX Color Implosion

これもISO200 に設定しているけど、逆光で2段くらい補正しているので、よくわからんです。

 

 

000017-1
NIKON F3  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S  ADOX Color Implosion

これもISO200 。だけど、どういう色になるか、よくわからんです。

まさに、コントロール不能だ。

 

 

KLASSE000027-1
KLASSE W  ADOX Color Implosion

KLASSEに詰めてあやしい廃墟を撮影。

DXコードはないので、任意に設定する。確かISO100 だったと。

 

 

KLASSE000047-1
KLASSE W  ADOX Color Implosion

 

 

KLASSE000039-1
KLASSE W  ADOX Color Implosion

ISO100 だと昭和な感じに写りそうな気がしたので、熱海のレトロな喫茶店を撮影。

これは狙い通りだ。

 

000001-1
NIKON F3  Helios44-2 58mm f2  ADOX Color Implosion

初登場のロシアレンズ Helios44-2。Biotar 58mmのコピー だが、本当におもしろい写りをするレンズだ。

オリジナルはM42マウントだが、NIKON Fマウントに改造してあるので、アダプターを使わずにF3 に装着している。このレンズはあらためてレビューしたい。

あやしいレンズ×あやしいフィルム+逆光 という条件だが、これがまた予想以上にカッコイイ。

いや~、これはおもしろい。もうちょっと作例があるので、次回に続きます(Out of control !  ADOX Color Implosion Part2)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です