LINEで送る
Pocket

前回の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)巡りが思いのほか楽しかったので、今度は東北、北関東方面を攻めることにした。

前回はニコン中心だったので、今回はコンタックス系をメインにすることにした。

DSCF2695

CONTAX G2  と  Biogon T* 21mm F2.8、 
CONTAX 137MA と CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ、YASHICA ML 28mm f2.8 とした。 

ただこれだけだと不安なので、NIKON F100 に TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09II) 、Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8 を念のため持っていくことにした。 あれもこれもと、我ながら男らしくないが、まぁ車なので。

1泊2日なので、まず車で帰って来れそうなところまで北へ行くルートを検討したところ、福島県の会津若松の手前にある「大内宿」に行き、そこから福島県 「前沢」 、栃木県 「栃木」、群馬県 「桐生」、群馬県 「六合赤岩」、可能であれば、長野県 「海野宿」 を回る計画を立てた。

宿泊をどこにするか、まったく予想がつかなかったが、群馬県の渋川のビジネスホテルを予約した。

8月上旬の土日だったので東北道は確実に渋滞するだろう。そこで朝4時半に家を出る。
それでも少し流れは悪かったが、6時過ぎに宇都宮を通過し、8時過ぎに大内宿に到着した。

86420001-2
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8 Kodak Ektar100

ここ大内宿は、福島県南会津郡下郷町にある旧宿場町。1981年に重伝建に選定されている。

長い直線、立ち並ぶ古民家、そして水路が美しい。

86420026-2
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8 Kodak Ektar100

大内宿は、会津と奥州街道を結ぶ会津西街道の宿場の一つで、江戸参勤の際にも用いられていた。

86420033-2
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8 Kodak Ektar100

しかし、戊辰戦争の舞台となったことから、詳しい記録、図面等は紛失しており、本陣は他の宿場を参考に復元されているという。

86460004-2
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ LOMO100

86420036-2
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8 Kodak Ektar100

86460005-2
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ LOMO100

重伝建に選定されてから30年以上経過していることもあってか、観光地として完成されている感がある。

86460016-2
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ LOMO100

86460017-2
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ LOMO100

宿の奥まで行くと階段があり、宿を一望できる。

86420013-2
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8 Kodak Ektar100

86460024-2
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ LOMO100

86420017-2
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8 Kodak Ektar100

真夏で暑いんだけど、風が吹くとすーっと涼しい。汗をかくんだけど、べとべとしない。
夏休みのおばあさんの家って、こんな感じだったなぁ。

1時間ほど散策し、次の目的地へと向かった。(フィルムとともに前沢を歩く)

2件のコメント

  1. ガンモさん、コメントありがとうございます。
    現像は、本数が少ないときは戸越銀座のフォトカノンで現像+データCD作成をお願いしています。第1,3日曜日は、現像代が半額なので、その日を狙う場合もあります。またプリントの色補正もうまいし、リクエストもしやすいいいお店です。
    本数が多いときは、ネットで見つけた安いところに郵送で送っています。
    データ化された色がイメージと違う場合は、ライトルームで少し補正しています。
    プリントに関してはお店によって仕上がりが違うので、自由が丘のポパイカメラ、白金のエビスカメラ、学芸大学のモノグラム、千駄木のイエロージャケットなどいろいろ試してみましたが、これは好みもあるでしょうし、自分の要望を言いやすいお店かどうかが重要だと思います。

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です