LINEで送る
Pocket

重要伝統的建造物群保存地区巡り 2日目、南木曽町のホテルを出て、まずは馬籠宿へ向かう。

馬籠宿は、妻籠宿古い町並みで夜景を撮る 妻籠宿編)の隣にある宿場町で、島崎藤村の生家がある町としても有名だ。

馬籠峠を越えて、馬籠宿の展望台に着いた。

80920002 35mm-1
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Kodak EKTAR100

展望台からの眺望。恵那山方面を望む。

島崎藤村の『夜明け前』は、ここ馬籠宿を舞台にした長編小説だが、その書き出しである 「木曾路はすべて山の中である」 を想起させる景色だ。

80920013-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

この宿場は、急峻な山の尾根に沿って築かれている。

山の尾根のため水に恵まれておらず、江戸時代から火災が多かったそうだ。

img260-1
NIKON F2  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2   Fujifilm NEOPAN ACROS100

F2 に Distagon 35mm をつけてみたが、線の細い描写でモノクロとの相性もよさそうだ。

80920029-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

img261-1
NIKON F2  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2   Fujifilm NEOPAN ACROS100

80920007-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

80920010-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

NOKTON は、開放付近のピントが相当薄いので、フィルムで開放はチャレンジングだ。
これは、f2.8くらいだったが、それでも十分ボケる。

80920014-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

img266-1
NIKON F2  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2   Fujifilm NEOPAN ACROS100

80920021-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

img264-1
NIKON F2  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2   Fujifilm NEOPAN ACROS100

80920030-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

80920018-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

80920012-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

80920024-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Kodak EKTAR100

結構、アップダウンが激しい。40分くらいかけて馬籠上から馬籠下まで往復した。

非常によく整備されている馬籠宿だが、実は「重要伝統的建造物群保存地区」 ではない。

1895年と1915年の大火で、古い町並みの建物がすべて消失してしまったそうだ。
ただ住民の方々の努力により、景観の保全が行われている。

たとえば、電柱はすべて町並みの両裏に移設され、各戸への引き込み線も家の裏側から配線されている。
また街道から見えるテレビアンテナや自動販売機も景観になじむように配慮されているのだ。

1時間ほど散策して、次の岐阜県岩村へ向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です