LINEで送る
Pocket

アンジェニューをネガ、ポジ、モノクロ、デジタルと使ってみて、開放でのゆるさとf4に絞ったときのシャープさ、このギャップに惹きこまれていく。

特に、開放でのふんわりとした空気感やハイライトの滲み具合は、以前であれば、なんかしゃっきりしないなぁ、と思っていたところだが、いまでは逆に、フレア、ゴースト、個性的なボケ、を追い求めている自分がいる……。
この先のレンズ沼がおそろしい……。

とりあえず今回は、すべて開放で撮ってみることにした。ボディはM6 と X-T10 を使用した。

000026
LEICA M6  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1) Kodak PORTRA160

朝方に逆光で撮影。

DSCF1439
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

このフレアがかった感じがいい。

DSCF1470
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

DSCF1475
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

ボケの感じと、ピント面のあいまいさがなんとも自分の感覚に合うというか。

DSCF1476
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

遠景で開放。

DSCF1479
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

ピントのピークがわかりにくいと言われるアンジェニューだが、EVF の拡大を使うことで精度を上げることができる。

DSCF1458
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

DSCF1484
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

DSCF1490
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

ちょっとグルグルしている玉ボケがいい。

DSCF1464
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

DSCF1491
FUJI X-T10  P. Angenieux 35mm f2.5 (Type R1)

なんでもないような景色も、なんか雰囲気のある写真にしてくれる。

今度は夜景や夜のスナップなども開放で試してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です