LINEで送る
Pocket

以前、千葉方面にゴルフに行った際、江戸っぽい古い建物が並ぶ道を通った。
なんじゃこれ、と思い、家に帰ってから調べると、どうやら 「佐原」 というところらしい。

東京から電車で2時間半くらいかかるのでなかなか行く機会がなかったが、先日、時間ができたのでぶらつくことにした。

装備は、古い街並みにはバルナックライカと二眼レフだろ、と思い、LEICA DⅢ と FLEXARET Ⅵ にした。

DSCF0670-2

DⅢ+Elmar にモノクロ、FLEXARET にカラーネガを組み合わせることにした。

佐原駅に着き、駅前で自転車をレンタルする。1日500円だ。

img297-1
LEICA Ⅲ Elmar 50mm f3.5  Fuji NEOPAN 100 ACROS

駅から5分くらいで、「重要伝統的建造物群保存地区」に着く。渋いわ。

11830002-2
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  Fuji PRO160NS

小野川沿い。この通りには伊能忠敬の旧宅や記念館がある。

11830004-2
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  Fuji PRO160NS

小野川には船も。

11830003-2
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  Fuji PRO160NS

11830006-2
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  Fuji PRO160NS

この辺り、なにがすごいかと言うと、江戸時代、明治時代に建てられた建物が現存し、なおかつ今もそこで営業しているということだ。

先日、他界したキンキンが、最後の出演となった『アド街ック天国』で、「街は建物が作るのではなくて、人が作るもの」 と言っていたが、まさにこのエリアも、おばあさんが乾物やら佃煮やらを売りながら暮らしている “生きている街” だった。
だからこそ、建物も魅力的なのだろう。

img301-1
LEICA Ⅲ Elmar 50mm f3.5  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img306-1
LEICA Ⅲ Elmar 50mm f3.5  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img302-1
LEICA Ⅲ Elmar 50mm f3.5  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img307-1
LEICA Ⅲ Elmar 50mm f3.5  Fuji NEOPAN 100 ACROS

Elmar は年代や個体によって写りは異なるようだが、やわらかさを残しつつもピント面はシャープな印象だ。
これが70年以上前のボディとレンズというのが信じられない。

11830009-2
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  Fuji PRO160NS

少しだけ残っていた桜。

少し遠いが、非常に魅力的な街だった。
違う季節にまた来てみたいと思う。

次回に続く(佐原をぶらつく その2)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です