LINEで送る
Pocket

広角レンズは24mmまでしか持っていなかったので、21mmを使ってみたいと考えていた。

21mmと言えば、LEICAならスーパーアンギュロン、Contax ならBiogon が頭に浮かぶが、Biogon の濃厚なブルーが印象的だったので、CONTAX G マウントのBiogon と G2 を購入した。

DSCF0686

CONTAX G2 は、オートフォーカス、自動巻上げ。絞り優先のオートもあるので、露出補正を併用しながら、サクサク撮れる。
ただ、オートフォーカスが微妙に抜けることが多い。
G1 よりは改善されたそうだが、フィルム1本目では、1/5くらい微妙にピントを外していた。

そこで、合焦しやすそうなところで合わせて、合焦マークが確実に安定してから撮るようにしたら、だいぶ合焦率が上がった。

Biogon の濃厚なブルーを見たかったので、ポジで夕焼けや青空を撮ってみた。

img998-1
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  RDPⅢ

夕方、東京湾アクアラインの海ほたるで撮影。富士山が見える。

開放で撮ったが、周辺光量落ちがすごい。

img944-1
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  RDPⅢ

青空の発色、細い木の枝の描写も心地よい。

000011-1
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  Kodak SuperGold400

ネガで工場夜景を撮ってみた。ワイルドな描写だ。

000020-2
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  Kodak SuperGold400

天王洲アイルの夜景。

000024-2 SG400
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  Kodak SuperGold400

あおって撮ってみた。

000036-2 SG400
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  Kodak SuperGold400

午後の光がいい感じだ。

11790030-2 UM400
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  Kodak Ultra Max400

11790032-2 UM400
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  Kodak Ultra Max400

なかなか広角だと難しいが、桜も撮ってみた。

img037-1
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  Fuji NEOPAN 100 ACROS

丸の内をモノクロで。
増感して、ざらつきを出してもおもしろそうだ。

ポジ、ネガ、モノクロ、昼、夜、と色々なシチュエーションで撮ってみた。

広角は難しいが、うまくはまると、普通では撮れない絵が撮れるので、もう少し使い込んでいきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です