LINEで送る
Pocket

東京都内は今週前半が桜のピークだった。
やっぱり桜を撮らないとなぁ、と思いつつ、毎年、凡庸な絵にしかならない。

そこで今年は、フィルムカメラ+マクロレンズで攻めてみることにした。

DSCF0648

NIKON F100 に新型タムキューを組み合わせてみた。

このタムキューは、NIKON D610で使おうと買ったけど、F100 でも使える。手振れ補正も効く。

00490009-2
NIKON F100  TAMRON SP 90mm F/2.8 MACRO (Model F004)  Kodak PORTRA160

00490035-2
NIKON F100  TAMRON SP 90mm F/2.8 MACRO (Model F004)  Kodak PORTRA160

00490037-2
NIKON F100  TAMRON SP 90mm F/2.8 MACRO (Model F004)  Kodak PORTRA160

やはりフィルムのやわらかい描写は桜とマッチしていると思う。

タムキューのキレとボケもいいぞ。

DSCF0649

NIKON D610 は1年ほど使ったが、色々と思うところがあり、下取りに出してDf を購入した。

非Ai レンズも装着できるので、NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4 を装着。
なるべく開放、オーバー目で桜を撮ってみた。

DSC_4592-2
NIKON Df  NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4

DSC_4599-1-2
NIKON Df  NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4

なかなか幻想的な描写になった。

ピント面はシャープ、ボケは、これだけだとよくわからないけどクセがありそうでおもしろい

Df とオールドレンズの組み合わせは、結構遊べそうだ。


00500001-2
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fuji PRO160NS

00500007-2
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fuji PRO160NS

そして中判カメラで夜の桜を撮ってみた。

なんか撮影時のイメージと違う仕上がりだが、その意外性もまたフィルムの良さだろう。

まぁ今年は桜を色々なアプローチで撮ることができたのでよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です