LINEで送る
Pocket

もうすぐフィルムカメラを再開して1年が経つので、いままでのネガを整理していた。

すると、夜明け前~日の出の写真がパラパラと出てきたのだけど、その日の天気や微妙な時間の違いによって色合いがまったく異なるので、なかなかおもしろいなぁ、と見ていた。

000029-F3 35mm C200
NIKON F3 HP Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Fujifilm C200

勝どきあたりの埠頭からレインボーブリッジ、お台場方面を撮影。

000005-400H
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO400H

晴海埠頭公園に行ったけど、あいにくの小雨。
手ぶらで帰るのも口惜しいので、とりあえず1枚だけ撮った。

000001 F3  135mm C200
NIKON F3 HP  NIKKOR-Q Auto 135mm f3.5  Fujifilm C200

これも勝どきあたりから撮影。
逆光でも力強い描写の135mm f3.5 が頼もしい。

000011 16728mm C200
CONTAX 167MT  YASHICA ML 28mm f2.8  Fuji C200

空が広いなぁ、と思って撮影。天王洲アイル。

000031 F 135mm C200
NIKON F  NIKKOR-Q Auto 135mm f3.5  Fujifilm C200

城南島海浜公園。
これまた、135mm f3.5 の味わい深い描写。

000008-Super gold400
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  Kodak SuperGold400

新入りの CONTAX G2+Biogon 21mm。
多摩川越しに羽田空港を望む。

オレンジ、ブルー、ネイビーと色の移り変わりが美しい。
最近ではお気に入りの一枚だ。

img997-1 RDP
CONTAX G2  Biogon T* 21mm F2.8  RDPⅢ

ポジでBiogon。木更津。
この色はBiogon独特のものだろう。

濃厚でドラマチック、立体感のある描写だ。

フィルムで撮る景色や色調は一期一会なので、撮影したときはなんとも思わなくても、後で見返すと意外な発見があったりする。
これからも、なるべくフィルムで残していきたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です