LINEで送る
Pocket

ネガフィルムのスキャンはEPSON の GT-F740 で行っていて、そこそこ満足はしているが、ポジフィルムのスキャンとなると、どうもピントがあまい気がする。

しかしGT-F740 では、ピント面までの距離を微調整することができない。
そこで、NIKON D610 を使ってデジカメスキャンを行うことにした。

DSC_2746

まず、以前から欲しかったマクロレンズの銘玉・Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S を購入。

DSC_2743

D610 + 接写リングのPK-13 + マクロレンズ+ スライドコピーアダプター ES-1 と合体させる。

ポジフィルムをマウントして、ES-1 に挿入する。

レンズとES-1は固定されているので、手ブレは起こらない。
ISO感度は100、F8 か F11 くらいで撮影する。

DSC_3669-1
LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd)  RDPⅢ

DSC_3665-1
LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd)  RDPⅢ

DSC_3670-1
LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd)  RDPⅢ

DSC_3674-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ   RDPⅢ

DSC_3676-1
CONTAX 137MA  YASHICA ML 28mm f2.8  RDPⅢ

DSC_3664-1
LEICA M6 Summicron f2/50mm(3rd)  RDPⅢ

GT-F740 と比べると、明らかにピントは良好になった。
また、色調もオリジナルに近い。スキャンの時間も短縮される。

ただ、正確にスキャンを行うにはマウントする手間がかかる。
スリーブのままで行うことも可能だが、微妙に動いたり、傷がついたり、ピントを1枚1枚微調整する必要がある。

とりあえず、デジカメスキャンの目処は立った。
あとは、Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S を 複写以外にも活用していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です