LINEで送る
Pocket

昨年、300円で買ったピッカリコニカ(KONICA C35 EF) は、レンズにクモリがあり、強い光にはコントラストが低下するが、写り自体はそこまで悪くない(かもしれない)、ということがわかった(ピッカリコニカ で 目黒散歩)。

そこでネガカラーではどんなもんか、試してみることにした。
フィルムはコダックのEktar だ。

img083-1
KONICA C35 EF Kodak Ektar100

やわらかい光を入れて、ソフトレンズ風に撮ってみた。

img099-1
KONICA C35 EF Kodak Ektar100

img101-1
KONICA C35 EF Kodak Ektar100

ストロボを使って、夜の武蔵小山。

これは、まちがいなく昭和だ。
なかなか狙ってもこの写りにはならないでしょ。

けど、発売当時は “暗いときでもとりあえず写る” ということが偉大だったのだろう。

img112-1
KONICA C35 EF Kodak Ektar100

ストロボなしで日陰、ピントもだいたい合っている、という条件だと結構いいんだよねぇ。

これは最短の1m で撮影。

img114-1
KONICA C35 EF Kodak Ektar100

このカメラでこの景色を撮れば、80年代、わたせせいぞう、っぽくなると思って撮ってみたけど、妄想?

img116-1
KONICA C35 EF Kodak Ektar100

駒沢公園までポタリング。

ポタリングという言葉は比較的最近の言葉かと思っていたけど、『60s 日本の雑誌広告』(ピエ・ブックス)という本に、1960年代、丸石自転車の広告が出ていて、「おしゃれしてポタリングしちゃおう」 というコピーを発見した。
そんなに昔からあった言葉なのか、と驚いた。

ピッカリコニカは、“ちゃんと撮ろう” という意識から解放してくれて、本能のままに気楽に撮れる。
散歩や自転車のお供にぴったり、といいたいところだけど、もうちょっと写ればなぁ。レンズのクモリが惜しいなぁ。

まぁ、あえておすすめはしないけど、こんなカメラもあったのだ、ということを残しておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です