LINEで送る
Pocket

昨年、KONICA C35 EF をジャンクで300円で買っていた。

ジャンクとはいえ、シャッターは切れるし、絞りの固着などもなかった。
問題は電池蓋が開かず、露出計が働かないことだ。そこで、電池蓋にベンジンを塗布して放置していた。

しばらく存在を忘れていたが、先日、試してみたところ、電池蓋が開いた。
腐食気味の接点を磨き、電池を入れたところ露出計が反応した。これは、いけるかも。

そこでボロボロだったモルトを貼り直し、試し撮りをしてみた。

DSC_3723-1

「ぴっかりコニカ」 で知られるように、ストロボが肝なのだが、幸い電池室も腐食はなく、無事作動した。

撮影者が行うのは、ASA感度の設定とストロボ点灯の有無、そして目測式のピント合わせだ。
ファインダー内に、露出に応じた絞り値が出るのだが、F値2.8より暗い場合はストロボを使う。

DSC_3725-1
ピント合わせはこれだ(↑)。

ざっくり、超ざっくり。ワイルドだぜ。

とりあえず、光線漏れ、巻き上げ、露出など、怪しい点が多かったので、ネガカラーは使わずにモノクロで撮って自家現像してみることにした。

天気もよかったので、散歩がてら目黒不動尊に行ってみることにした。

img048-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

img049-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

むむむ。写っている。

相当日差しが強かったので、コントラストの低下が見られるけど、描写自体は悪くないんじゃない。

img051-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

ピントも悪くない。

では逆光だとどうなんだろう。

img050-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

さすがに厳しいか……。

img055-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

ちょっと日陰だと、普通に写るなぁ。

img058-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

意外と線が細く、繊細な描写だ。さすがヘキサノンレンズ。

img066-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

金属の質感がいいなぁ。

img068-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

ちょっと暗かったので、こちらはストロボ使用。

img045-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

ちょっと後ピン。

目測式は難しいけど、慣れればスナップ向きだ。
あまり何も考えずに、ささっ、と撮れる。やばい、ローライ35が欲しくなってきた。

img076-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

img079-1
KONICA C35 EF Fuji NEOPAN ACROS100

光を入れてやわらかく撮るのもいい。

(追記)
よくよくレンズを見てみたら、少しクモリがあった。
コントラストの低下はその影響かもしれない。


とりあえず、機械的なトラブルはなかったので、次はカラーを試してみよう(ピッカリコニカ で ネガカラー)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です