LINEで送る
Pocket

いや~、自家現像はおもしろい。
最初に機材と材料を揃えてしまえば、ランニングコストは少なくて済む。

自分で現像、スキャニングもするので、ほとんどフィルム代のみだ。

今回は、NIKON のレンジファインダー機・NIKON S2 に 5cm f2 をつけて、銀座で中古店パトロールの後、東銀座、築地、月島まで散歩した。
フィルムは、3本約1200円のFuji NEOPAN ACROS100 だ。

DSC_3694

DSC_3697

外付けファインダーを付けず、50mmレンズのみだと、シンプルでしぶい。

img958-1
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2 NEOPAN ACROS100

築地市場から晴海通りをはさんで反対側は観光客も少なく、また渋い街並みが広がる。

img957-1
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2 NEOPAN ACROS100

NIKKOR-HC 5cm f2 はよく写ってクセも少ない。

img963-1
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2 NEOPAN ACROS100

狭い路地が多く、探検のしがいがある。

img964-1
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2 NEOPAN ACROS100

img970-1
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2 NEOPAN ACROS100

最近のSマウントは、特にレンズの価格が下落傾向にある気がする。
人気がないのかな……。

img977-1
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2 NEOPAN ACROS100

勝鬨橋。暗部のディテールがいいなぁ、とひとりごちた。

img986-1
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2 NEOPAN ACROS100

隅田川と東京タワー。

img987-1
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2 NEOPAN ACROS100

日が暮れてライトアップが始まった勝鬨橋。

撮った日に現像して、翌日スキャニングを行った。

現像のプロセスも楽しいし、スピーディーかつ低コストなので、最高の道楽だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です