LINEで送る
Pocket

モノクロで撮りたいとは思うけど、ネガと違って身近に現像に出せるところがない。
そのため、ネットで見つけた現像所にフィルムを郵送して、現像とCDを作成してもらっている。
ネットだと安いのだけど、発送して手元に届くまで、だいたい10日間かかる。

そうすると、どうもモノクロフィルムで撮るのが億劫になってしまう。
やっぱ、撮ったらなるべく早く見たい。

そこで、自家現像をやってみるか、と重い腰を上げた。

先達のホームページを参考にさせていただき、ヨドバシカメラと100円ショップで道具をそろえた。

DSC_3266

[買う物リスト]

・現像液(D-76,スーパープロドール,ミクロファインなどお好みで)1リットル300~600円

・停止液(富士酢酸(50%) 1L )800円 ※水で代用も可能

・定着液(スーパーフジフィックス)1000円

・水洗促進剤(富士フイルム 富士QW 2L)80円

・ドライウェル(富士フイルム ドライウエル(200cc)350円

・堀内カラー メスカップ(3個)800円×3 (現像液,停止液,定着液を入れる。口がとんがっているので液だれしにくく使いやすい。ここはケチらないで堀内カラー製を買ってよかった)

・LPL 撹拌棒 500円弱 (現像液を作る際などに使用)

・メスシリンダー 500~1000円 (正確に分量を量る際に使用)

・温度計 ETSUMI 30cm  700円

・フィルムピッカー 1000円

・スポンジ kingフォトスポンジ S  500円(フィルムに傷が付く場合があるので使わない人もいるが、乾燥時間の短縮につながり、ホコリもつきにくくなるので使用している)

・フィルムクリップ 3個入 2000円(※現像後のフィルムを乾燥のために吊す際に必須)

・ポリタンク2つ 1300円×2 (現像液貯蔵用 1つでよかったかも)

・漏斗 100均で可

・ダークバック 3000円くらい (フィルムをリールに巻き、現像タンクに入れるまでの間、使用するが、だいきちは真っ暗な納戸の中で行っているので、ダークバックは使用していない)

ここまでで、だいたい10000~15000円くらいだろうか。

DSC_3265

現像タンクは、LPLのプラスチック現像タンクにした。
ブローニーフィルムも現像でき、しかもリールに巻く際の失敗が少ないということで、少し高い(約6000円)がこれを選んだ。

トータルで2万円くらいかかった。

で1本目の現像。

普通にリールに巻けていたのだが、途中でリールが回らなくなってしまった。

もうダメだ……、きちんと巻けていないが、しょうがない、とりあえず現像してみることにした。

img793-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img796-1
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  Fuji NEOPAN 100 ACROS

案の定、ドイヒーだ。

失敗しないリールのはずなのに、なんて下手なんだ……。

そこで、なぜうまく巻けなかったのか検証してみた。
失敗する人はあまりいないと思うが、少しでも参考になれば幸いだ。

DSC_3269
(以下、リールを巻く作業は暗室で行う)

ポイントは「2周目に入るところ」だ。

こんな感じ(↑)で、すこすこ右手を動かすと、自然とバームクーヘンのように巻かれていくのだが、

DSC_3275

この2周目に差し掛かる際に(↑)、

DSC_3276

このように(↑)、白い板の下に潜り込めば、成功だけど……、

DSC_3277

このように(↑)、白い板の上に来てしまうと、フィルムが延々と1周目を回ってしまうことになる。

そうするとフィルム同士が重なってしまい当然現像もできないし、途中で巻けなくなってしまう。

対策としては、フィルムの先頭を少しカールさせておき、2周目に入る際に白い板の下に入るように指で誘導すればよい。って、そんな大げさな話でもないし、偉そうなことは言えないのだが、参考までに。

その後は10本くらい現像したが、すべて無難に現像できた。

img891-1
 KLASSE W  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img892-1
KLASSE W  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img893-1
KLASSE W  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img899-1
KLASSE W  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img900-1
KLASSE W  Fuji NEOPAN 100 ACROS

img903-1
KLASSE W  Fuji NEOPAN 100 ACROS

ブローニーフィルムの現像も成功し、とりあえず軌道に乗せることができた。

やはり、撮ってすぐに見られるのが嬉しい。また、ほぼフィルム代だけで楽しめる、というのは安上がりだ。
そしてなにより、自分で現像をすると愛着が湧く。

次はプリントにチャレンジしてみたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です