LINEで送る
Pocket

サルボ展望台は補修中で登れないが、とりあえず釧路湿原を目指すことにした。
釧路行きの電車が約2時間後なので、1時間で行けるところまで行き、引き返すことにしよう。

DSC_2820
NIKON D610  TAMRON 28-75mm F/2.8 (Model A09 II)

塘路駅前のメインストリート。
まずは、塘路湖を目指す。

52560030-1
LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd) Kodak Ektar100

凍結して雪も積もっているのでよくわからないけど、道路の向こう側が塘路湖のようだ。

DSC_2830
NIKON D610  TAMRON 28-75mm F/2.8 (Model A09 II)

サルボ展望台の手前を釧路湿原方面に曲がる。

DSC_2849
NIKON D610  TAMRON 28-75mm F/2.8 (Model A09 II)

釧路湿原の中に突入。

52560032-1
LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd) Kodak Ektar100

52560035-1
LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd) Kodak Ektar100

さすがに雄大な景色だ。

展望台から全景を眺めるのもいいけど、こうして中を歩くのも貴重な経験だろう。

C200 52580003-1
LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd) Fuji C200

湿原の中を流れる釧路川。カヌーや釣りで有名だ。

このあたりで1時間が経ち、引き返すことにした。
だんだん日が傾いてきて、急に寒くなってきた。

C200 50mm 52580012
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) Fuji C200

52580018
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) Fuji C200

52580014
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) Fuji C200

C200 50mm 52580019-1
LEICA M6  Summicron f2/50mm(3rd) Fuji C200

そんなこんなで、予定通りの電車に乗り、釧路に戻った。

しかし夕方になると天候が悪化し、夕焼けは撮れなかった。

C200 28mm 52580030-1
LEICA M6  ELMARIT-M 28mm f2.8(3rd) Fuji C200

翌朝、釧路川の河口、幣舞橋付近で日の出を撮影した。

今度は夏の釧路湿原に来てみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です