LINEで送る
Pocket

今日は青山ブックセンターで開催された写真家・奥山由之氏のトークイベントを見に行った。

 

もともとは、『CAMERA magazine No.19』(2013年5月発行)に出ているのを見て、“すごい才能が現れたなぁ、若いのに ”(1991年生まれ)、と思っていたが、その後も順調にファッション誌やコマーシャルで活躍している。
現在発売中の『COMMERCIAL PHOTO』で特集されており、それを記念してのトークイベントだった。

 

彼が撮影した広告では綾野 剛の 「DODA」 が記憶に新しいが、これは「写るんです」やハーフカメラの「PEN F」 で撮影したそうだ。
そう、奥山氏は、すべての撮影をフィルムで撮っているのだ。フィルムを愛するだいきちとしては、氏の活躍は嬉しいかぎりだ。

 

で本題だが、真夜中のフィルムシリーズ第4弾・天王洲アイルだ。

 

000006
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fuji PRO160NS

天王洲アイルは、前回の品川埠頭(真夜中の品川埠頭 )から運河一つ隔てたところに位置している。

タワーマンションも増え、また意外と企業が多いので、住民とサラリーマンで賑わうエリアだ。

 

 

000025
CONTAX 167MT  YASHICA ML 28mm f2.8  Fuji C200

バブル期には“おしゃれスポット” として注目されていたが、結局、何があるの? と聞かれれば、実はたいして何もない。

 

 

000008
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fuji PRO160NS

ただし、東京オリンピック、リニアモーターカー、羽田空港のさらなる国際化とアクセス向上、山手線の新駅開業等を考えると、今後、都心は品川を中心に再開発が進み、それに伴い天王洲アイルも再び注目されるだろう。

 

 

000007
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fuji PRO160NS

このなんとも言えない空の青色と闇に浮かぶ光、そして静寂な色温度がたまらない。

10年後、この景色がどのように変化しているか楽しみだ。

 

 

2 のコメント

  1. Hello! I have been searching about Mr. Yoshiyuki Okuyama and found your blog (I translated into English). You seem to know a lot about him. I know what cameras he use but really want to know what film he use. Can you tell me if it’s Kodak? Maybe Ultramax 400? Thank you!!!!

    Veerawin Suksantinunt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です