LINEで送る
Pocket

今年からフィルム熱が再燃し、ブログも始めたので、2014年を締めておかなきゃだめだろ、とさっき思いついた。
そこで、超ざっくりだが、今年購入した機材を振り返っておきたい。

DSC_3054-1
まずは、メインのNIKON軍団。
F3に始まり(2度買いなおしたけど)、F2、F100、F、S2 と購入した。
なるべくリーズナブルなオールドレンズを中心に購入した。

DSC_3059-1
NIKON と並んで使用頻度の高いライカ軍団。
MマウントのM6、LマウントのDⅢ、そしてデジタルのX1 とバランスを考えて購入した。

DSC_3062-1
ツァイスレンズに惹かれて購入したCONTAX。
広角が欲しいと思い、最近、CONTAX G2 とBiogon 21mm を購入した。コンパクトな広角がいいと思って買ったけど、こうやって見ると、一眼レフよりでかいな……。
もう少し使い込んでから感想を書きたい。

DSC_3055-1
RZ67 ProⅡの精密な描写、flexaret Ⅵ の表現力溢れる描写、と個性的な中判軍団。

DSC_3058-1
オリンパスOM-1、minolta SR-T101。
安いけど、どちらもレンズの描写力が高い国産銘機。

DSC_3063-1
NEX 5N と KLASSE。
KLASSE は、フィルム復活に際して初めて購入したフィルム機なので思い入れもひとしお。

それにしても、最近、FUJI C200 が手に入らなくなり困っている。安くて、中庸で、色も良かったので残念だ。

今後のフィルム戦略はどうすればよいか。
PORTRA や FUJI PRO400H がいいのはわかっているけど、1本1000円近いのはきつい。
500円以下、となるとSuper Gold400 やGold200、FUJI Superia X-TRA400、Lomo100 あたりだろうか。
このあたりの使い比べもしていきたい。

来年の目標は、
・もうボディは買わない。ダメ、絶対!(レンズは可)
・自家現像に挑戦する。
・レンタル暗室でプリントをする。

2015年もフィルムを使おう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です