LINEで送る
Pocket

横浜にある京浜東北線の鶴見駅から、鶴見線という渋い電車が出ている。
京浜工業地帯の工場への通勤客が多い路線だ。

鶴見駅に行くたびに気にはなっていたが、実際に乗ったことはなかった。
川崎市の扇町駅までが本線なのだが、支線もあり、その中の海芝浦駅という駅がホームのすぐそばが海、というロケーションなので、探索してみることとした。

装備は、最近気に入っているCONTAX 137MA と FLEXARET の組み合わせだ。

まず、鶴見駅を出て一つ目の国道駅で途中下車。
この駅は昭和風情が残っていると評判の駅だ。

000042-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ   Fuji C200

国道駅の入口を道路の反対側から撮影。
いきなり、窓ガラスが割れているバイオレンスな景色に興奮する。

000039-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ   Fuji C200

駅に入ると……、真っ昼間なのに、暗すぎやろ。

000031
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ   Fuji C200

無人の改札口。ちなみにSuica は使える。

000004-1
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  Kodak PORTRA160

地上に出てやっと光を浴びる。なんとも味わい深い駅だった。

ちょうど海芝浦駅行きの電車が来たので、一気に海芝浦へ向かう。
車内は、工場に向かうサラリーマンや作業員が多い。

000025
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ   Fuji C200

(11月17日追記)
鶴見線の話なのに、鶴見線の車両が出てきていなかったので追加しておきたい。

000023-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ   Fuji C200

海芝浦駅に到着。
電車を降りてすぐに、駅のホームからこの景色が広がる。
柵の向こうは海なので、ちょっと怖い。

遠くに鶴見つばさ橋が見える。夜になるとライトアップされて綺麗だそうだ。

000007-1
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  Kodak PORTRA160

ちなみに海芝浦駅は、東芝の敷地内にあり、東芝の社員や関係者以外は改札の外へは出られない。

乗ってきた電車は15~20分くらい停車しているので、その間に撮影をして、トイレを済ませる。
なにせこの電車を逃すと、次の電車は2時間後だ。

000008-1
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  Kodak PORTRA160

浅野駅で途中下車。浅野駅まで戻ると本線なので、多少は本数が多い。

鶴見線の前身、鶴見臨港鉄道の設立者である浅野財閥の創設者・浅野総一郎に因んでつけられた駅名だそう。

000018-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ   Fuji C200

東京近郊にこんなローカル線があるとは。

鶴見駅まで戻ると、ちょっとした旅行を終えた気分を味わうことができた。

2 のコメント

  1. apex さん、コメントありがとうございます。
    鶴見線は昭和風情が残っていて、都内で言うと、京成立石や大塚っぽい雰囲気でした。こういう懐かしい感じや荒廃した感じは、フィルムとマッチしますね。
    ぜひ、撮りに行ってください!

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です