LINEで送る
Pocket

MINOLTA  SR-T101 を購入したことで、フィルムカメラが13台になった。
これは、非常にマズイ状態と言わざるを得ない。13は縁起が悪すぎる。

そこで、もう一台買うことにしたのだが、正直、そんなに欲しいカメラはない。
で、ヤフオクを眺めていると、FLEXARET が出品されていた。

FLEXARETは、チェコスロバキア製の二眼レフで、グレーの外観が非常にカッコいい。
さらに、BELAR 80mm f3.5 の評判がよい。
だいきちは、『CAMERA magazine no.14 』(2011年発行) で、田中長徳氏の作品を見て以来、その写りが気になっていた。

二眼レフでも、ローライのプラナーになると10万コースだが、FLEXARETなら2万くらいか。
二眼レフ初心者にも手を出しやすい額だし、FLEXARET の中でも一番評判がよい 「Ⅵ」 だったので、落札した。

DSC_2391-1-1
届いた個体は、多少のスレはあったが、動きに問題はなかった。

ただ、うまく表現できない匂いが残っていた。
カビではないんだけど、おじいさんの家にある古いカバンの匂いというか。
まぁこれが東欧の香りなのだろう。プラハに思いを馳せて、クンクン嗅いでみる。
風通しのよい部屋に2週間ほど置いて、匂いはとれた。

DSC_2394-1
巻き上げと同時にシャッターチャージもされるセルフコッキングなので、操作は簡便だ。
さらにシャッターロック機構(赤矢印)も付いており、なかなか機械としてよくできていると感心した。
青矢印は絞り。

DSC_2396-1
赤矢印のネジを押すと、裏蓋が開く。
フィルム装填後は、このネジを回すとロックされ、不用意に蓋が開くことを防ぐ。
「MADE IN CZECHOSLOVAKIA」 が渋い。

逆光に弱い、という話もあったのでフードも買おうかと思ったが、ボディの1/3くらいの値段なので、とりあえずフードなしで撮影してみることとした。

000002 56 100
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  PORTRA160

f5.6 1/100 。まずは確実に日陰で撮影した。お店で現像+CDデータ作成。
この写りはすごい。これはヤバイぞ。

000003 56 100
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  PORTRA160

f5.6 1/100 で撮影。思ったよりシャープ、なのに滑らかな描写だ。

000006 4 50
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  PORTRA160

f4 1/50 で撮影。徐々に光を入れて攻めてみる。

000005 4 100
FLEXARET Ⅵ MEOPTA BELAR 80mm f3.5  PORTRA160

f4 1/100 。だいぶ逆光気味に撮影したが、破綻していない。
やわらかいんだけど、芯が残っているから、ぼんやりとした写真にならない。後ろのボケも悪くない。

光の加減によって、これほど表現の幅が広がるというのはおもしろい。
さすが評判のレンズだ。

次回は、もっといろいろなシチュエーションを試してみることとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です