LINEで送る
Pocket

前回の 「フィルムカメラで夜景を撮る 1」 の評判が思いのほか良かったので、調子に乗ってもう1回、載せておきたい。
今回は、深夜から夜明け前に撮影した写真だ。

000037-1-1-1
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Fuji C200

深夜の隅田川、勝鬨橋を望む。水面に揺れながら映る光が美しい。
橋の右手に築地市場がある。

000036-1
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Fuji C200

同じく隅田川。だんだんと明るくなってきた。確か、午前4時くらいだったかなぁ。
中央に、スカイツリーが見える。

000033-1
NIKON F3 HP  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2  Fuji C200

上の写真の数分後。空の色はこんなにも変わる。
この粒状感とグラデーションは、フィルムならではだろう。

名称未設定-000007
Mamiya RZ67 ProⅡ SEKOR 110mm f/2.8 Fuji PRO400H

ところ変わって、晴海ふ頭公園の夜明け前。遠くに東京タワーが見える。
中判らしく、精密な描写だ。

000029
CONTAX 167MT   YASHICA ML 28mm f2.8  Fuji C200

品川の港南大橋付近。
露光時間は適当、フィーリングでバルブ撮影したが、なんとなく勢いだけはある写真だ。

フィルムでの夜景撮影は、その場での確認ができないため難しいが、ネガフィルムの場合、露出の許容範囲は広い。
確かに「適正露出」はあるだろうけど、アンダーでもオーバーでも、それが味になるので、いろいろと試しつつ、遊びつつ撮っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です