LINEで送る
Pocket

NIKON S2 と NIKKOR-HC 5cm f2 の組み合わせで東京をぶらつく。

20140716-FH000021
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2  Fuji C200 

20140716-FH000036
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2  Fuji C200 

20140716-FH000033
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2  Fuji C200 

FH000009
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2  Kodak SuperGold400

FH000018
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2  Kodak SuperGold400

レンジファインダー機は、小型軽量ながら写りもよいので、街歩きには最高だ。
さらに、古いニコンレンズの性能がよい。自分がイメージする “写真” に近い。

ISO400 のフィルムだが、PORTRA400 や PRO400H は高いので、LOMO400 を使うことが多かったが、どうも発色が気に入らないので(LOMO100 はいいのだけれど)、Kodak SuperGold400 を使ってみた。

amazon で、36枚撮り10本3200円くらい、という瞬間があったので、即購入した。この値段なら常用フィルムとして採用したい。amazon は、日によって値段が違うことがあるので、マメにチェックしている。

amazon といえば、KLASSE W が、79,000円で売っていて驚いた。今年の3月下旬に買ったときは、38,000円くらいだったのに。やはり製造終了となると、しょうがないか。

FH000025
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2  Kodak SuperGold400

FH000028
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2  Kodak SuperGold400

FH000034
NIKON S2  NIKKOR-HC 5cm f2  Kodak SuperGold400

先日、いつものように都内をぶらついていたら、100mくらい先に、白髪、サングラス、ちょい小太りで、首から黒い弁当箱をぶらさげている人を見かけた。

こ、この人は……、どこから見ても 田中長徳氏 のようだ。
その容貌は商標登録されているので、遠く離れていてもすぐにわかった。

あの黒い弁当箱はなんや……、LEICA M5 だろうか。
「ぶらぶら歩いている」イメージが強い氏だが、まるで競歩の選手のように早足でぐいぐいと歩いている姿は発見であった。
あのスピードで街撮りをしているのか、と年季の入ったストリートアスリートフォトグラファーの真実に吃驚したのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です