LINEで送る
Pocket

海外の話やOM-1のレンズ、ニコンのレンズの話など、書きたいことはたくさんあるのだが、なかなか時間がない。
今回は中判カメラ・RZ67で撮影した日の出の写真を残しておきたい。

DSC_9547
D610  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2

羽田空港を望む。
今回は、大田区にある城南島海浜公園に向かった。
日の出の時刻は4時半くらいなので、4時にスタンバイ開始。

000008
Mamiya RZ67 ProⅡ SEKOR 110mm f/2.8 PRO400H

だいぶ明るくなったきた。
日の出までの30分は、1分1秒ごとに色が変わる。

000007
Mamiya RZ67 ProⅡ SEKOR 110mm f/2.8 PRO400H

000006
Mamiya RZ67 ProⅡ SEKOR 110mm f/2.8 PRO400H

000005
Mamiya RZ67 ProⅡ SEKOR 110mm f/2.8 PRO400H

000004
Mamiya RZ67 ProⅡ SEKOR 110mm f/2.8 PRO400H

パソコンでどこまで再現できているかわからないが、立体感、階調がすごい。
プリントをしてみると、中判のすごさがよくわかる。

デジタルで中判となると、たとえばハッセルブラッドのVシリーズに対応しているデジタルバックのPhase One IQ180は、約500万円。
PENTAX 645Z のボディが約80万円、とデジタル中判は敷居が高い。

その点、フィルムの中判は、ハッセルブラッドやローライフレックスはさすがに10万以上するが(それでも昔よりは格段に安い)、国産のRZ67やZENZA BRONICAは、セットで5万円以下だ。
645サイズなら、PENTAX 645、645N も安め、645NⅡだと5万円以上する。
そのほか、フジフイルムの中判は性能や使い勝手は良いが、人気がないのか、安いものが多い印象だ。

このように、フィルムの中判カメラは、得られる写真のクオリティに比べて、コスト面でお得感が非常に高いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です