LINEで送る
Pocket

NIKON F100は、1998年に発売されたフィルム一眼レフで、ニックネームは「F5ジュニア」。
ファインダー視野率が約96%、ファインダー交換ができない、などF一桁機とは差別化が図られてはいるものの、高機能だけど軽量、というアマチュアには非常にありがたいスペックだ。

なぜF100に目をつけたかというと、「Gレンズ、Dレンズもフィルムカメラで使ってみたい」からだ。
デジタルのNIKON D610用に、G、Dレンズを買ったものの、使用頻度が少ない。この資源を有効活用するためには、フィルム機の中でも新しい、Gレンズ対応機が必要になる。

さすがに現行機のF6は、中古でも値段が高い。F4なら2~3万、F5なら3~4万円といったところだ。
しかし、F4は1090g、F5は1210g、と非常に重いのが難点。
もう少し軽くて、機能的にも見劣りしないもの……、と探すとF100が浮上した。
ボディの重量は785g、知り合いのプロカメラマンもサブ機で使っていたほどで性能的にも問題ない。

F100は、ファインダー周りは比較的程度のいいものが多い印象だが、「ボディがベトベトする」「キズが多い」個体が多い気がする。
相場としては、1~2万円か。とはいえ2万円以上なら程度がいいのか、というとそうでもなかったりするので要注意だ。

ネットで見比べていると、銀座に1.6万円というものがあったので見に行ったところ、その1.6万円の隣に1万円で程度が良いものがあったので、そちらを買うこととした。

 

DSC_8996
カバンに放り込んでいたら、「Nikon」のロゴの「i」が剥がれてしまった。
ロゴがプリント、この辺がフラッグシップ機とは違う点だ。
ゴムは少しベタベタしていたが、少し拭いただけで改善した。
10ピンターミナルキャップ、シンクロターミナルキャップは付いていなかったので、ヨドバシカメラで1つ100円で購入した。

 

 

DSC_9001
お気に入りの、Ai AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED。
発売は古いけど、いまだ現行のレンズ。

 

 

20140503-img209-2
F100  Ai AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED  PORTRA400

操作系も現在のデジタル一眼レフとほとんど同じ、しかもレンズを共用できるので、気軽にフィルムに挑戦してみたい人には、おすすめではないだろうか。

 

20140503-img235
F100  Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED PORTRA400

 

20140503-img240
F100  Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED PORTRA400

ここ数年、リニューアルの噂が絶えないサンヨン。
このレンズを、デジタルとフィルム両方で使えるのはうれしい。

 

 

000032
F100 NOKTON 58mm f/1.4 100 ACROS

 

000012
F100 NOKTON 58mm f/1.4 100 ACROS

 

20140503-img218
F100 NOKTON 58mm f/1.4 PORTRA400

マニュアルフォーカスのレンズも、フォーカスエイドがあるのでピントは合わせやすい。
もちろん、ファインダーもD610と比べると明るいので、フォーカスエイドに頼らないピント合わせも可能だ。

 

 

20140503-img234
F100  Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2 PORTRA400

完全にマニュアルのNIKON F や F2 を使っているときが一番楽しいのだけれども、絞り優先、AFで気軽にフィルムを楽しみたい、という時もある。そんなとき、F100という選択は最高だと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です