LINEで送る
Pocket

NIKON F2は、機械式一眼レフカメラとして一つの完成形だと思う。
実用として使うならば、F2があれば必要にして十分だ。
つまりは、F2アイレベルを持っている者が、同じ機械式のF アイレベルを買う理由はない、はずだ……。

NIKON Fは、1959年に発売され、1973年まで製造された一眼レフカメラである。
デザインは、かの亀倉雄策氏。東京オリンピックのポスター、フジテレビ、明治製菓、NTTなどのロゴマークをデザインしたことでも知られる。

NIKON Fは、発売当時の価格が67000円(50mm f/2付き)。
大卒初任給が13000円くらいだから、現在で言えば100万円くらいだろうか。
100万円と聞くと、えらい高いが、プロ向けのフラッグシップ機ならば、このくらいの価格は当然だろう。

中古屋さんで、Fを見てみると、その価格の幅が広いことに気付く。下は1万円台から上は20万円以上まで。
ものによって状態が著しく異なり、それに比例して値段も大きく変わってくるのだ。
また、黒のアイレベルは、最低でも5万円以上、未使用品や初期型の珍しい個体(布幕シャッター)などは、50万、100万以上といったコレクターズアイテムだ。

ためしに、1,2万円のFを見せてもらうと、その状態の悪さに驚く。
大抵は、プリズムが著しく腐食している、ファインダーにゴミがいっぱいついていて見えない、といった問題を抱えているはずだ。
ぶつけてへこんでいる、塗装が剥げている、シャッタースピードが一部出ていない、といったものはたいした問題ではなく、プリズム関係の状態が一番重要だろう。ここに問題がなければ、後からいくらでも調整、修理が可能であり、ここに問題があるものは、いくら外観がきれいでも避けたほうがよい。

銀座に行ったときは、手ごろな価格のFがあると見せてもらうようにしている。
歌舞伎座あたりにあるカメラ屋さんには、3万円のFがずらーっと並んでいるが、プリズムの状態がいまいちだ。
数寄屋橋あたりにあるカメラ屋さんには、5~6万円でオーバーホール済みのきれいなアイレベル(白)が置いてある。
要は、3万円くらいだと怪しいが,5万円以上払えばそこそこなのが手に入る、ということはわかった。
けど,5万円はちと高い.慌てているわけではないので,3万円くらいの良品がないものか,もう少し追求してみることとした.

そして先週。
渋谷東急の中古カメラ市をのぞくと、案の定、状態のよさそうなFは6万円~10万円だ。
すると海外のカメラを多く扱っているお店に、3万円前後のFが2台置いてあった。見た感じ,なんか良さそうだぞ。
1台はゴミが多めだったが、もう一台はプリズム腐食やゴミもなく、クリアに抜けたファインダーだ。

これや、これを探しとったんや。
ミラー周りやモルト関係も問題がない。念のため保証の有無を聞いて、即購入と相成った。

DSC_8808

DSC_8818
古いAutoレンズが似合う。

DSC_8811

DSC_8816-2
うまく撮れなかったが、ファインダーの状態が非常に良かった。

1401889873989
NIKON Fに、NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4、F2に Ai-s 85mm f/2 をつけてみた。

結局、F を買う大義名分はないのだが、Fに関しては状態の良いものは減少傾向にあり,状態の良いFが手の届く値段で買えるのもここ数年かもしれない,と思うとつい買ってしまう。

「日本を代表する有名デザイナーである亀倉雄策がデザインした文化遺産的なカメラを、しかも昔は100万くらいの価値があったものを、3万円で買った」 と考えると格安で文化財保護に一役買ったわけで非常に気分がよろしい。

1401889974698
我が家の機械式カメラ。

肝心のFの写りだが、特に初期不良はなく、フィルム2本を撮り終えたところだ。
その話は次回以降としたい。

3件のコメント

  1. こんばんは。
    先週は大変お世話になりました nico nicoです。
    あれから時間を見て、色々と読ませて頂きました。
    主に撮影に凝っていらっしゃる様で、それも日本中行かれているようで羨ましい限りです。
    私が写真の世界に足を踏み込んだのは、子供の誕生がきっかけで、以降は機材集め、時々昭和の建物などの古びたモノを撮るのが好きな状態で、名古屋中古カメラフェアにも毎回初日ダッシュで参加しております....知っていますよね。(笑
    今日ここのwebサイトへは MSN のbingサーチで来たのですが、検索の予測で「だいきち」 と打っただけで 「ボンバー」 とか 「だいきちボンバーの銀塩写真」とか出てきましたよ。
    では本題です。
    ニコンFですね。私も大好きであります。
    私の場合は町内会長さんからアイレベル白をもらい、キートスで2万円の修理代を払って復活...これが出会いの始まり。
    次はNikon Photomic T を1万円で購入し、キートスで2万円修理代を払って復活....とにかく綺麗なFです。
    3号機は、息子と一緒に写真を撮るために買ってあげた Nikon Photomic FTNでしたが、息子が飽きて(現在妖怪ウォッチに浮気中)私の所へ戻ってきたもの。1.9万円。
    4号機は名古屋中古カメラ用品大バーゲンセールのジャンクカゴで寂しそうにしていたヤツ0.5万円。
    という、どれも安く仕入れてきたのに修理代とかかかって結局3万円位払っているようなものです。
    なので、3万円で買ったというのは、良い選択ですね。
    ある意味、素晴らしい目利きです(笑
    ....つづく

    nico nico
  2. .....さっきの続き
    ちなみにNikon Fは使いにくい所(現代のカメラと違う部分が多い所)が非常に好きでして、今度東京へ行く際にも持って行こうかと。
    Fを持っていないと、ついつい東京で買ってしまいそうな気がして、コワイのですよ。
    ちなみにレンズは35mmの準広角レンズを合わせます。
    この35mmレンズ愛についても偏愛(キモイ!)入っていまして、「35mmレンズこそ標準レンズなのではないか!」というネタを書いてボツにした苦い経験が....。
    しかし本当に楽しみだなあ東京....次回行ったら2020年の東京オリンピックまで行けそうも無いし、一生分東京を楽しんでくるというノリです。
    またちょくちょくお邪魔いたします。

    nico nico
  3. nico nico さん、コメントありがとうございます。
    nico nico さんのHP、更新されていますね! すごい読み応えがあります。
    現在の東京の中古カメラ店がわかりやすく整理されていて、多くのフィルム愛好家の参考になりそうな記事です。ネット上の記事だと、すでに閉店しているお店ものっていたりするので、リアルタイムの情報は貴重です。
    NIKON F ……。
    僕は出版社で編集をしているのですが、入社当時(NIKON F5 の時代)、出版社のカメラマンって、8割くらいがCANON だったんですよ。
    で、事件や芸能の現場に行くと、新聞社のカメラマンはほぼ100%、NIKON なんです。
    現場で見た、漢のNIKON。これがかっこよかった。
    「NIKON は硬派で堅牢」という印象が植え付けられたんです。
    だから、フィルムをあらためてはじめようと思ったとき、NIKON のフラッグシップの歴史を辿ろうと思ったのです。NIKON S2 までいっちゃいましたが……。中でも、F は別格ですね。
    この間、新宿の中古カメラBOX でニコンメーター2型を5000円で買いました。メーターはしっかりと振れていますが、適正かどうか、まだきちんと検証していないので、フィルムを入れて撮ってみたいと思います。
    フォトミックをキートスで修理した話、覚えています。
    はじめてnico nico さんのHPを見たのが、この記事でした。
    すごいなぁ、機械式カメラはいまでも直せるのだと、フィルムカメラを趣味にしていくうえで、非常に参考になりました。
    東京、楽しみですね。nico nico さん目線でのレポートも楽しみです。
    35mm+ NIKON F で撮りつつ、いいカメラ、レンズと出会えることを祈念しています!

    だいきちボンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です