LINEで送る
Pocket

手元にある「CAMERA magazine no.2」(2006年1月発行)を読み返すと、カラーネガフィルムだけで37種類ある。わずか8年前だけど、そんなに出てたのか。

今は選択肢は少ない。というかそれ以前に、“フィルムを出してくれて、ありがとうございます” という感じではあるのだけれど。ただ今後、材料費の高騰や需要の低下が続くことを考えると、値上がり方向のベクトルにあるのは間違いない。

いずれにせよ、フィルム生活を続けていくためには、主要なランニングコストの一つであるフィルムの選択にも気を配る必要があろう。
それには、“安く、そして高品質”なものが望ましい。

現在、私がよく使うフィルムは、
「FUJI PRO400H(950円)」 「Kodak PORTRA400(880円)」 「Kodak Ektar100(700円)」 「Lomography color nagative 400(300円)、100(300円弱)」 「FUJI C200(225円)」が主である(価格は、アマゾンかビックカメラのもの。)

 

 

f100 c200 tamron
NIKON F100  TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)  FUJI C200

 

 

20140503-img276-2
NIKON F3 HP   Voigtländer NOKTON 58mm f/1.4  FUJI C200

アマゾンで10本2250円で買えるFUJI C200。う~ん、1本225円とは思えない。

 

 

img128
KLASSE W   Lomography color nagative 100

 

 

img137
KLASSE W   Lomography color nagative 100

 

Lomographyも、1本300円弱とは思えない。普通によく写る。
しかも、LomoはISO400(ビックカメラで税込1008円+ポイント10%)もあるので、安いフィルムでISO 100~400をカバーできる。

あと気になっているのは、ULTRAMAX 400 36枚撮 20本が、6069円(アマゾン 実際の扱いはシライカメラ)。
ULTRAMAX 400 もよく写るのだけれども、我が家の冷蔵庫には20本も入らないので自重している。

モノクロに関しては、ネオパン 100 ACROS の3本セットは、アマゾンもビックもほぼ同じ、400 PRESTO 3本セットは、ビックの方が安いので(約1300円+ポイント10%)、ビックで購入している。

 

 

20140417-ネガ1028-2
LEICA M6   Summicron f2/50mm(3rd)  PORTRA400

とはいえ高いフィルムには、当然、優れた理由もある。節約できるところは節約して、いろいろなフィルムを楽しみたいものだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です