LINEで送る
Pocket

先週の土曜日は、箱根でゴルフの予定が入った。

ゴルフ場は箱根・仙石原のすぐそばだった。

仙石原と言えば、すすきが有名なので、スタート前に寄ってみることにした。

装備は、FUJICA ST-801 に PENTACON AUTO 29mm f2.8と50mm f1.8、X-Pro2、そしてPENTAX 645N 。

PENTACON は、デジタルでは試してみたが(PENTACON で 東欧の陰翳を楽しむ)、フィルムではまだ撮り切っていなかったので、仕上がりが楽しみだ。

 

000013
FUJICA ST-801  PENTACON auto 29mm f2.8  FUJIFILM C200

 

おー、なかなかふんわりやわらかな描写でいい。

朝7時半くらいに着いたので、人はそれほど多くなかった。

 

 

000014
FUJICA ST-801  PENTACON auto 29mm f2.8  FUJIFILM C200

 

現像は、戸越銀座にあるフォトカノンにお願いした。

ここは、第1、第3日曜日は現像代が半額なのだ。

ちょうど撮影翌日が第3日曜だったので、いそいそと自転車で持っていった。

ちなみに35mmフィルム1本、中判フィルム1本の現像+CDデータをお願いしたのだが、
現像代が580円×2本×50% データが35mm 500円、中判700円 ×税8% でトータル1922円だった。

現像代が半額だと、なかなかの節約になる。
データも自分でスキャンしてもいいので、その場合は現像代のみで済む。

 

 

000017
FUJICA ST-801  PENTACON auto 29mm f2.8  FUJIFILM C200

 

場所にもよるけど、全体的にはまだ穂が開き切っていなかった。

けど、このグリーンっぽい感じも悪くない。

 

000015
FUJICA ST-801  PENTACON auto 29mm f2.8  FUJIFILM C200

 

デジタルのときは気付かなかったが、このレンズ、開放だと周辺光量落ちが大きい。

周辺光量落ちは好きなので、うれしい発見だった。

 

 

000021
FUJICA ST-801  PENTACON auto 29mm f2.8  FUJIFILM C200

 

やはりフィルムで撮ってみないと、オールドレンズの素の描写はわからない気がする。できればポジフィルムで。

 

DSCF2858-2
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

 

X-Pro2 でもおさえておこう。 jpeg で撮って、そのままサイズダウンしている。

デジタルカメラだと、FUJIFILMのS5 Pro が好きだったけど、X-Pro2 はその雰囲気を踏襲していて、心地よい描写だ。

 

DSCF2864
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

 

なるべくゴーストを出してみる。

 

DSCF2930
FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

 

 

DSCF2973 FUJIFILM X-Pro2  XF10-24mm F4 R OIS

 

そんなこんなで、がーっと30分ほど撮影し、急いでゴルフ場へ向かった。

ゴルフを終えて、この日の宿泊先へ向かう午後4時くらいには、道路はちょっとした渋滞になっており、有料駐車場も満車、観光バスが連なっていた。こんなに人気スポットなのか。

夕焼けと絡めて撮ったらいい絵になりそうだけど、あんまり混雑しているのはいやだなぁ。

翌日は、箱根湿生花園に立ち寄って帰ることにした(以下、次号 箱根湿生花園へ行く)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です