LINEで送る
Pocket

2月ころに修理に出したNORITA66 だが、5月上旬に無事修理が完了し、帰ってきた。

 

シャッタードラムやスローギアの修理・分解清掃、ミラーの修理など、オーバーホール並みに全体的に修理・調整してもらった。

 

NORITA66 自体、モノが少ない上に、不具合を来している個体も多いので、修理してもらい、おそらくこれからも長く使えるだろうということは非常に嬉しい。

 

というわけで、早速試し撮りをした。

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Cinestill50D

 

開放気味を使いたかったので、低感度のCinestill50Dと組み合わせてみた。

 

ブローニーのCinestill50Dは初めてなので楽しみだ。

 

前ボケやふんわりとした立体感、ハイライトの滲んだ感じなど、なかなかの表現力だ。

 

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Cinestill50D

 

少し絞ったが、ディテールと柔らかい描写のバランスがいい。

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Cinestill50D

 

一眼レフより一回り大きい程度なので、スナップ的な撮り方も十分可能だ。

 

ただ、シャッター音が「グァシャン」と特徴的な音なので、前方の人に何度か振り返られてしまった。

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Cinestill50D

 

前ボケの儚い感じと被写体の浮き上がり感が楽しい。

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Fujifilm PRO160NS

 

突然、描写が変わりますが、ピーカンの昼間、F8〜11 くらいに絞って撮影。

 

開放付近とは全く違うけど、基本的な性能の高さというか、実直な作りを感じさせる。

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Fujifilm PRO160NS

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Fujifilm PRO160NS

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Fujifilm PRO160NS

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2  Fujifilm PRO160NS

 

新緑が眩しい。そしてNORITA は瑞々しく写してくれた。

 

 

というわけで、NORITA66 の描写を見てきた。

 

開放と絞った時の違い、フィルムによる描写の違いなど、まだまだこれから試してみたいと思う。

 

とりあえず今回は、無事に現像できて一安心、といったところだ。

 

 

 

▲今回の機材。NORITA66 + NORITAR 80mm f2  

 

 

 

 

 

スポンサードリンク







2 のコメント

  1. だいきち殿
    3ヶ月かかりましたか!  万全な状態に成り、これから楽しめますね。スナップではシャッター音が私も気になりますが、まあ仕方がありません。

    久しぶりに私も持ち出そうかと思っていますが、55mmレンズが気になる今日この頃です。(笑

    1. 連豆さん、こんばんは。

      どうやら混んでいる修理店にお願いしてしまったので時間がかかってしまいました。
      とはいえ、長く使いたいので最初にきっちり直せたのはよかったです。

      55mm、ヤフオクにずっと出ているので気になっています。広角だけど立体感があって、良さそうなレンズですね。

      あとは160mmあたりも、e bay で眺めています(笑)

      daikichibomber

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です