LINEで送る
Pocket

群馬県の六合赤岩の散策を終え(フィルムと歩く日本の伝統的集落 群馬県・六合赤岩編)、東京に帰ろうと思ったが、長野県の海野宿をカーナビで調べてみると、1時間ちょいで行けそうなことがわかった。

あまり位置関係がわからなかったけど、群馬県の西部は軽井沢のちょっと北なのか。

浅間高原や嬬恋村を抜けて、小諸の西にある海野宿(うんの)を目指す。

浅間高原……、今から27年前の1988年、氷室京介がソロになってはじめてのツアーが開催された場所だ。

中学生だっただいきちは、神奈川県から鈍行で軽井沢駅まで行き、そこからバスで会場まで行った。
軽井沢駅の駅舎は今とは違い、秘境駅のような古い建物だった。

大雨の中、びしょびしょになりながら見たコンサートのことはいまでもよく覚えている。

とにかく人が多くて、とにかく雨がすごくて、7月だったけど凍えそうに寒かった。

コンサート終了後、バスでピストン輸送するけど、何時間も待たされた。
結局、軽井沢駅を翌朝の始発で出て、自宅に着いたのは午後だった。

浅間高原の濃い緑の草原を眺めながら、そんな夏の日のことを思い出していた。

86390011-2
CONTAX 137MA  YASHICA ML 28mm f2.8 Kodak UltraMax400

海野宿は寛永2年(1625年)に北国街道の宿駅として開設された。

北国街道とは、中山道と北陸道を結ぶ街道で、佐渡で採れた金の輸送、北陸の大名の参勤交代、善光寺への参詣客など、宿場は大いに賑わっていたという。

86470006-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

寛保2年(1742年)の大洪水によって隣接する田中宿が被害を受け、本陣が海野宿へ移されてからは、伝馬屋敷59軒、旅籠23軒と賑わっていた。

また、江戸時代後期からは養蚕も盛んになり、明治に入り宿場機能が失われてからは、養蚕の村へと移り変わっていった。

この伝統的な家並みが保存されていることから、昭和62年(1987年)に重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

86470009-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

86390022-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

86390023-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

86390024-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

86470007-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

86390031-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

86390035-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

86390037-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

86470010-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

建物の2階にせり出している瓦と組み合わされた意匠は、「袖うだつ」と呼ばれる明治時代のもの。
江戸時代のものは、「本うだつ」と呼ばれる。

どちらも裕福な家でなければできるものではなかったことから、「うだつが上がらぬ」という言葉が生まれたという。

86390021-1
CONTAX 137MA  CarlZeiss Planar 50mm f1.4 MMJ Kodak UltraMax400

建物の2階の出格子には、長短2本ずつ交互に組み込んだ「海野格子」という海野宿特有の模様を見ることができる。

そのほか、「出桁」という江戸時代の旅籠屋造りのものや「気抜き」という明治時代の蚕室造りの建物の象徴など、その時代特有の意匠を見ることができ、楽しく散策することができた。

道路の脇を流れる水路も清涼感あふれ、町並みの美しさでは、今までで一番だ。
ただし、この道路は車の往来が多いのが残念なところ。

そんなこんなで、1泊2日の重伝建を巡る旅 第2弾が終了した。

福島県・大内宿、前沢、栃木県・栃木、群馬県・桐生、六合赤岩、長野県・海野宿を回り、総走行距離は、850kmだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です